大聖寺 (岡山県玉野市)

玉野市といえば、1917年以来造船の企業城下町として、また、 かっては四国との連絡船玄関口として知られているが、私が訪れた 2020年6月の2ヶ月後に、船舶建造から撤退との発表があり、 玉野市に衝撃が走っている。 その造船所を見下ろす丘に建つのが大聖寺である。 大聖寺は1946年に開創された新しいお寺で、造船所からも よく見…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年11月11日 滋賀県奥伊吹

北陸道米原ICを8時過ぎに出る 伊吹山西麓から北麓へ、姉川沿いに奥伊吹スキー場へ 紅葉の始まった山間集落のお寺を巡るが、イチョウが 特に見事で、ゆっくり紅葉を楽しむ                 伊吹山西麓                姉川を遡る               温見親水公園 …

続きを読むread more

大義寺 (鳥取県鳥取市河原町) 鵯尾城主武田高信の菩提寺

伝承によると、戦国時代因幡の武将で、鳥取城主ともなった鵯尾城主 武田高信が謀殺されたと伝えるお寺が大義寺である。 一時は、鳥取城主として勢いもあったが、戦国時代の抗争に敗れ、 鵯尾城主となったが、そこも追われる最期を迎えている。 大義寺は、16世紀半ば武田高信の寄進により開創されたと伝え、 1597年曹洞宗のお寺として再興され…

続きを読むread more

龍泉寺 (奈良県川上村) 斎藤茂吉歌碑

吉野川(紀ノ川)の源流域に位置し、吉野杉の林業の中心地である 川上村にあって、国道169号から西へ、山間部に入った大滝地区の 山腹に龍泉寺は建つ。 そこから山越えで1km、<蜻蛉の滝>が待っている。 龍泉寺を訪れたのは、歌人斎藤茂吉が1930年龍泉寺を訪れて 詠った歌の歌碑を拝観すべく。 茂吉の歌 <滝のべの龍泉寺にて夏ふ…

続きを読むread more

小野大日堂 (兵庫県三田市)

三田市の山間部にある小野集落に、ポツンと建つ小野大日堂には 飛鳥時代の伝承がある。 中大兄皇子がこの地を訪れ、ここの領主の娘に心を寄せ、妃とし やがて皇子が生まれたが、妃は亡くなり、その後間もなく皇子も 亡くなったとか。 それから400年後、東光山の花山院菩提寺に隠棲していた花山法皇が この伝承を聞き、妃と皇子の菩提を弔うた…

続きを読むread more

普大寺 (和歌山県上富田町) 日本唯一の寺名

田辺市と白浜町に囲まれた上富田町は、山間地でありながら人口増の 珍しい自治体である。 山間部岡地区の山腹に建つ普大寺を訪れたのは、1396年の板碑を 拝観するためであったが、住職との会話の中で、普大寺の名前を持つ お寺は全国で、ここが唯一で、ありそうな名前でありながら唯一とか。 かっては、浜松市にあったそうだが、今は廃寺となっ…

続きを読むread more

日本山妙法寺 (奈良県吉野町) 吉野仏舎利塔

吉野山系の船岡山西山腹を走る県道37号から、少し林の中へ下りた地に 仏舎利塔が建っているが、この仏舎利塔は日本山妙法寺という 日蓮宗系の新興宗教団体が1976年に建立したもので、一般的な 仏舎利塔とは異なる宝塔形式になっている。 これは、吉野山が風致地区となっているため、デザインに工夫が 施されたとか。 (1)寺名:日本…

続きを読むread more

萬正寺 (兵庫県宝塚市) 茅葺の庫裡

宝塚市最北端に位置する上佐曽利集落の山麓に、大きな茅葺の庫裡が 目立つのが萬正寺である。 隣には祇園信仰の素戔嗚神社があり、かっては神仏習合の神社とお寺 であり、参道入口には鳥居が建っている。 萬正寺は室町時代の開創と伝えるが、詳細は不詳である。 住職の話によると、茅葺の維持管理には苦労が多いが、先祖の遺産を なんとか護りた…

続きを読むread more

十念寺 (大阪府大東市) 四條畷の戦いの地

1348年の<四條畷の戦い>は、南朝と室町幕府(北朝)の最後の 大戦となり、南朝の衰えが始まった戦いであった。 この戦いの地が、十念寺の建つ北条地区を中心とした地域であり、 南朝軍棟梁・楠木正行の墓所、正行を祀る四條畷神社などがある。 この戦いの200年後になっても霊が休まらずと、僧が十念寺を開創し、 楠木正行と一族郎党の霊を…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 首切り地蔵

<まんが日本昔ばなし>の一話に首切り地蔵があるが、日本全国に 首切り地蔵の石仏がある。 その名前の由来については様々で、その土地に伝わる民話に基づく 由来が多い、しかし石仏そのものは地蔵菩薩で、当尾の首切り地蔵 は阿弥陀如来と珍しい石仏である。 この首切り地蔵の名前の由来も諸説あるが、一般には、近くの処刑場 にあったことから…

続きを読むread more

西徳寺 (滋賀県多賀町)

<お伊勢参らばお多賀へまいれ>といわれる多賀大社の鳥居近くに 建つのが西徳寺である。 西徳寺は、736年聖武天皇の勅願により、法性院が開創され、それが 西徳寺の始まりと伝えられる古刹である。 一時は、多賀大社の別当となったこともあるとか。 1255年、親鸞聖人が関東から京へ帰られる折に、逗留されたことも あり、1504年浄土…

続きを読むread more

岩屋観音 (和歌山県田辺市) 岩窟の観音堂

田辺市稲成町の県道35号と県道208号が交差する山域は、 岩峰が連なる<ひき岩群>と呼ばれる岩場で、その中の岩屋山 山腹の岩窟に建つのが岩屋観音である。 私は山頂まで登らなかったが、山頂からの眺望は絶景といわれ、 再度挑戦してみたい。 岩屋観音は、京都神護寺の中興の祖・文覚上人によって開創された と伝わる厄除け祈願のお寺…

続きを読むread more