堂応寺跡 (岡山県倉敷市真備町) <重文>宝篋印塔

倉敷市真備町の北東端に位置する辻田地区の山麓にあって、小字堂応寺
集落の住宅の横に建つ宝篋印塔は<堂応寺宝篋印塔>と呼ばれ、かっては
裏手に堂応寺(導応寺)があったと考えられている。
それは、裏手の墓地から<導応寺地蔵堂瓦(1322年)>が発見された
ことによる。
堂応寺のことは不詳であるが、宝篋印塔と瓦が、鎌倉時代末期にお寺が
あったことを物語っている。

<岡山県のお寺一覧>

(1)塔名:堂応寺宝篋印塔(どうおうじほうきょういんとう)
(2)所在地:岡山県倉敷市真備町辻田1442近辺
(3)年代:1314年
(4)高さ:325cm
(5)指定:重要文化財
(6)訪問日:2020年6月16日

1堂応寺宝篋印塔(33-1504)堂応寺跡 (11).JPG
               堂応寺宝篋印塔

2(33-1504)堂応寺跡 (7).JPG

3(33-1504)堂応寺跡 (10).JPG

4(33-1504)堂応寺跡 (6).JPG

5説明板(33-1504)堂応寺跡 (4).JPG
                 説明板