観龍寺 (岡山県倉敷市) 鶴形山トンネルの上

倉敷美観地区にあって、鶴形山トンネルの上に建つのが観龍寺で、
境内からは美観地区を一望できる。
観龍寺は985年、現在の倉敷市西岡にある西安寺龍昌院(本坊慈照院)
の塔頭宝積院として開創されたと伝える古刹で、室町時代に
現在の地区に移転、1624年現在地に再建されている。
二度にわたる火災により、寺宝などを遺失している。

境内は整備され、美観地区の散策ルートの一部となっている。
また、妙見宮があり、その由緒も面白く、阿智神社(元の妙見宮)
とは神仏習合のお寺であった。

<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:観龍寺(かんりゅうじ)
(2)住所:岡山県倉敷市阿知2-25-22
(3)山号:宝寿山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開基:堯勢律師 (6)開創:985年
(7)本尊:大日如来
(8)訪問日:2020年6月16日

1観龍寺遠景(33-1512)観龍寺   (1).JPG
                観龍寺遠景

2山門(33-1512)観龍寺 (7).JPG                 山門

3境内(33-1512)観龍寺 (13).JPG                 境内

4(33-1512)観龍寺 (25).JPG

5本堂(左)大師堂(右)(33-1512)観龍寺 (14).JPG
             本堂(左)大師堂(右)

6妙見宮(33-1512)観龍寺 (23).JPG
                 妙見宮

7境内から(33-1512)観龍寺 (21).JPG
                境内から

8倉敷美観地区(33-1512)観龍寺   (4).JPG
               倉敷美観地区

9阿智神社(33-1512)観龍寺   (3).JPG
                阿智神社

10鶴形山の鐘楼(33-1512)観龍寺   (2).JPG
               鶴形山の鐘楼