大慈寺 (広島県三次市吉舎町) 池と観音堂

県道27号から別れて山間部へ入り、1.5kmほど進むと、右手に
池と伽藍が見えてくる。
池(広沢池)の前に立つと、池越しに、左に禅宗様の観音堂、中央に
本堂、右手に庫裡、宝蔵庫などが建ち、池の手前には、開基和智氏実の
墓(五輪石塔)と、周りの木々にはモミジもあり、晩秋の紅葉は
池に映え、一幅の絵を創り出すことだろう。

大慈寺は、南天山城の4代城主和智氏実が1421年開創したと伝え、
氏実の菩提寺になっている。
和智氏は、鎌倉幕府の御家人であった広沢氏が和智庄に入り、和智を
名乗り、戦国時代末期までこの吉舎(きさ)地区を領した。

<広島県のお寺一覧>

(1)寺名:大慈寺(だいじじ)
(2)住所:広島県三次市吉舎町吉舎1094
(3)山号:広沢山 (4)宗派:臨済宗仏通寺派
(5)開基:和智氏実 (6)開創:1421年
(7)本尊:聖観音
(8)その他
1)観音堂附厨子:県指定文化財 1569年 
2)大般若経:県指定文化財 1138年
3)観音三十三身像(画):県指定文化財 室町時代
4)開山遺品:市指定文化財 室町時代
  など多数の文化財
5)訪問日:2018年4月29日

1全景(34-3210)大慈寺 (4).JPG                 全景

2和智氏実の墓(34-3210)大慈寺 (3).JPG
               和智氏実の墓

3観音堂と本堂(34-3210)大慈寺 (13).JPG
               観音堂と本堂

4観音堂(34-3210)大慈寺 (6).JPG                 観音堂

5観音堂(34-3210)大慈寺 (12).JPG
                 観音堂

6(34-3210)大慈寺 (10).JPG

7本堂(34-3210)大慈寺 (8).JPG                 本堂