法念寺 (大阪府四條畷市)

北生駒山地の西麓にあって、人口55,000人の郊外都市である 四條畷市には遺跡などが多く、古い歴史を持っている。 そんな中にあって、南北朝時代の<四條畷の戦い>で戦死した 楠木正行(くすのきまさつら)<小楠公>の墓所が中心街にある。 ここは四條畷の聖地であり、そこのクスノキは市の木となっている。 墓所の裏手に建つのが法念寺であ…

続きを読むread more