成福寺跡 (奈良県斑鳩町) 聖徳太子ゆかりの地

法隆寺から南東1.5kmほどの、金網に囲まれ木々に覆われた地に <太子道>石碑が建つのが成福寺跡である。 この地は、聖徳太子が晩年住まわれた<飽波葦垣宮>の跡地と伝え、 太子が斑鳩から飛鳥へ往来した<太子道>の起点ともいわれている。 この聖徳太子ゆかりの地に、849年頃聖徳太子像を本尊として開創 されたと伝えるのが成福寺である…

続きを読むread more

毫摂寺 (兵庫県宝塚市) 小浜御坊

毫摂寺は越前市、加賀市、宝塚市にあり、元々福知山市に開創され、 その後京都市北区の出雲路に移り栄えたが、明徳の乱で焼失し、 越前市に移り、毫摂寺を再興している。 一方、京都にあった頃の住職善入の末裔善秀が15世紀末に宝塚市小浜 に毫摂寺を開創し、小浜御坊として寺内町を形成し、 大いに栄えたといわれている。 豊臣秀吉や利休…

続きを読むread more

法念寺 (大阪府四條畷市)

北生駒山地の西麓にあって、人口55,000人の郊外都市である 四條畷市には遺跡などが多く、古い歴史を持っている。 そんな中にあって、南北朝時代の<四條畷の戦い>で戦死した 楠木正行(くすのきまさつら)<小楠公>の墓所が中心街にある。 ここは四條畷の聖地であり、そこのクスノキは市の木となっている。 墓所の裏手に建つのが法念寺であ…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 東小墓地の石塔、石仏

大門石仏群から南へ100mほど浄瑠璃寺へ向った所に、 東小墓地があり、五輪石塔、板碑、石仏などが集められている。 中でも、五輪石塔は鎌倉時代のものといわれ、大きさも当尾では 岩船寺五輪石塔に次いで2番目に大きい。 <京都府南部のお寺一覧> (1)石仏名:東小(ひがしお)墓地の石塔、石仏 (2)所在地:京都府木津川市加…

続きを読むread more

西応寺 (滋賀県甲良町)

甲良町下之郷(こうらちょうしものごう)地区は近江米の農業地区で、 清流と水車の里として売り出している。 その集落に、大きな桜の木が目立つのが西応寺である。 下之郷は奈良時代からの農村集落として歴史を刻んでおり、西応寺は 平安時代末期に開創されたと伝える古刹である。 15世紀、蓮如上人が当地に巡錫した折に、住職が帰依し浄土真宗に…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年10月25日 兵庫県北播磨

中国道加西ICを7時半に出る。快晴に恵まれ、少し肌寒い朝 加西市の北部山間農村地区を巡ることから始まる。 なんといっても、殿原地区の庚申山頂上めざしての登山が。 <清水寺庚申堂>が建ち、その傍に推定樹齢300年の <オハツキイチョウ>が樹勢旺盛な姿を~ 登って来た甲斐がある 加西最北端に神社と併設された<東光寺薬師堂>と塔頭…

続きを読むread more

小引円明寺 (和歌山県由良町) 道祖神

海岸沿いの県道24号、小引漁港の山手に建つ円明寺は、由良町に円明寺が 2ヶ寺あることから、地名を採って小引円明寺と呼ばれている。 漁港から集落の中を通って山手に登ると、こじんまりとした円明寺が あり、ここを訪れたのは、日高地域では珍しい道祖神がある。 江戸時代中頃に彫られた神像で、かっては子安神社に安置されていたが、 明治時代…

続きを読むread more

千仏院 (奈良県葛城市) 當麻寺塔頭

當麻寺境内の北東部に長屋門を構えるのが千仏院である。 千仏院は當麻寺の13院ある塔頭の一つで、浄土宗のお寺 であるが、その開創は不詳である。 千仏院は牡丹、日本さくら草などで知られ、東塔を借景に した池泉回遊式の庭園が招いてくれる。 <奈良県のお寺一覧> (1)寺名:千仏院(せんぶついん) (2)住所:奈良県葛城市…

続きを読むread more

肝川観音堂 (兵庫県猪名川町) モミの木

猪名川町肝川地区の戸隠神社は本殿が重要文化財で、肝川村の 鎮守として建立されたといわれている。 その入口、すぐ横の小高いところに観音堂が建っているが、この 観音堂は多田銀銅山から移されたといわれ、巨大なモミの木を護っている。 モミの木は、推定樹齢500年といわれ、樹高25m以上と巨木で、 古木である。 なお、戸隠神社の建…

続きを読むread more

浄念寺 (大阪府枚方市) 枚方西御坊

江戸時代には枚方は宿場町として栄え、その中にあって浄念寺は 西本願寺の枚方西御坊として栄えたといわれている。 戦国時代は、この一帯は順興寺の寺内町として形成され、浄土真宗 の勢いが隆盛を極めたが、江戸時代になり、東海道宿場町へと変遷した 地区である。 現在、宿場町の風景はほとんどないが、お寺が集まった寺町の 様子は残っている…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 大門石仏群

東小墓地から大門へ、山道を100mほど行くと、右手に小さな 社(春日社)と左手に石仏群が現れる。 春日社はかって、大門にあったといわれる阿弥陀寺の鎮守で、 阿弥陀寺跡や鎮守周辺の石仏、石塔などを村人が集めて置かれた のが、大門石仏群である。年代的には室町時代以降の石仏である。 多種多様な石造物で、一つずつ眺めると面白い。 …

続きを読むread more

仏心寺 (滋賀県愛荘町) 矢取地蔵尊

湖東三山金剛輪寺に近く、岩倉山の山腹に矢取地蔵堂の建つ仏心寺の 開創は不詳であるが、平安時代の検非違使(けびいし)であった 平諸道の氏寺で、別の場所に開創され、1781年現在地に移転している。 本尊の地蔵菩薩は、<今昔物語集>に登場する逸話をもつ地蔵尊で、 通形の地蔵菩薩像と異なり、左手に宝珠、右手に矢を持つ姿である。 <…

続きを読むread more

大慈寺 (三重県志摩市) 花の寺

大王崎灯台の近くにあって、江戸時代の石垣土塀を周囲に巡らせる 大慈寺の開創は天文年間(1532~55年)と言われているが、詳細は 不詳である。 戦国時代、九鬼水軍の総帥九鬼嘉隆の家臣として仕え、波切丸の大将として 活躍した川面右近の菩提寺でもある。 志摩市波切は、九鬼氏が1585年鳥羽に本拠を移すまでの本拠で、波切 地頭の川…

続きを読むread more

養寿寺 (愛知県西尾市) 矢田のおかげん

春を呼ぶ西尾の風物詩<矢田のおかげん>は、毎年3月下旬に 養寿寺境内に露店が並び、雅楽演奏も行われる釈迦涅槃会で、 江戸時代から続く行事である。 大いに賑わうとか 養寿寺は、806年弘法大師空海の師といわれる勤操僧正による 開創と伝える古刹で、1461年浄土宗のお寺として再興されている。 <愛知県のお寺一覧> (1…

続きを読むread more

名船寺 (石川県輪島市名舟町) イスノキ

能登半島の一大観光スポットとなった白米千枚田から、国道249号 を海岸沿いに曾々木海岸へ、2kmほどの名舟町(なふねまち)へ入る。 名舟町は<御陣乗太鼓の発祥地>として知られる漁業の町で、小さな 名舟漁港があり、その山手に名船寺が建っている。 すぐ目に飛び込んでくるのが、樹高25mほどのイスノキである。 樹齢は不明であるが、イ…

続きを読むread more

伝法院 (三重県鳥羽市安楽島町)

鳥羽市の南東に位置し、天然の良港といえる安楽島(あらしま)漁港 の一角に建つ伝法院は、安楽島漁港の菩提寺的存在である。 伝法院の開創は天授年間(1375~81年)と伝え、安楽島の漁業 と共に歴史を刻んでいる。 残念ながら、1854年の火災によって、全ての記録を失い、その 詳細は不詳となっている。 現在、漁港の催しに積極的に関…

続きを読むread more

崇福寺 (愛知県安城市)

松並木の旧東海道にほど近い、安城市街地の今本町に、崇福寺、白山比売神社、 専超寺が隣り合って建っている。 この一帯だけが緑のオアシスとなっており、8月に行われる崇福寺の <ちょうちんまつり>は風物詩となっている。 崇福寺は713年、白山権現を勧請し、鎮守として開創されたと伝えられ、 その白山権現を祀るのが白山比売神社であり、神…

続きを読むread more

円教寺 (岐阜県山県市)

大桑地区にあって、県道174号に面して建つ円教寺の前に立つと、 山門、本堂のいたる所に仏語が目立つお寺である。 このお寺の所蔵する<養叟禅師の円相>が山県市の文化財となっている 養叟禅師といえば、一休和尚と大喧嘩した僧として有名で、一般的には 知られていない。 その禅師が一筆書きした<〇>(円相)が残っているが、その由来は …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年10月13日 奈良県高取~大淀

京奈和道御所ICを7時半に出る 高取町に入り、<子嶋寺>近くの駐車場に停め、子嶋寺から 土佐街道を散策 久しぶりの高取であるが、土佐街道を歩くのは初めて 街並みも趣のある風景で、朝早くの散策もこれまたよし。 街道沿いのお寺も巡る                高取に入って                …

続きを読むread more

妙勧寺 (福井県越前市)

日蓮聖人の念願の京都布教遺命を受けて、日像上人は、1293年佐渡から 北陸を経て、1294年京都へ入るが、その途次、越前今宿において 疫病に苦しむ村民のために祈祷を念じ全快、村あげて日像上人に帰依したと 伝えられ、弟子の妙文が堂宇を建立したのが妙勧寺の始まりと言われている。 妙勧寺を始めとして、日像上人ゆかりの四箇聖跡とされてい…

続きを読むread more

常徳寺 (石川県志賀町) モチノキ

能登半島西海岸に位置する志賀町鹿頭(しかまちししず)に建つ 常徳寺本堂横に、幹の大半が洞になったモチノキがある。 能登半島のお寺に多くあるモチノキであるが、防火樹としてイチョウ と共にその役割がある。 このモチノキは中でも、堂々とした大木で、志賀町の天然記念物 となっている。 常徳寺には<黄檗版大蔵経>の存在でも知られて…

続きを読むread more

円照寺 (富山県氷見市)

氷見市街地の中心部にあって、日宮神社の北隣に建つのが円照寺である 円照寺の開創は不詳であるが、17世紀に柿屋地区から移転し、数ある 氷見市真宗大谷派の大寺であったといわれている。 ちなみに、氷見市内には47ヶ寺の真宗大谷派寺院がある。 本尊阿弥陀如来像は藤原時代の造像で、その由来は不詳である。 <富山県のお寺一覧> …

続きを読むread more

大得寺 (三重県玉城町) 田丸城主久野氏の菩提寺

熊野古道伊勢路の起点となる玉城町田丸には、南北朝時代に築城された 田丸城があった。 1619年この地が紀州徳川の藩領となった折に、家老の久野氏が 城代家老として田丸城に入り、この地を治め、明治維新まで続いた。 その久野氏の菩提寺が大得寺である。 大得寺は、久野氏が田丸に入る前の遠江周智郡(現在の静岡県袋井市)に 開創され、久…

続きを読むread more

海会寺 (愛知県刈谷市)

海会寺の呼び名は一般的には、<かいえじ>であるが、このお寺は <かいえいじ>と呼ぶ。 海会寺の本尊は聖観音であるが、ここは元々海原の入江であったらしく、 この聖観音が牡蠣殻のついた状態で打ち寄せられ、これを祀ったのが 海会寺の始まりと伝えられ、<牡蠣の観音>とよばれているとか。 開創は不詳であるが、刈谷市最古のお寺と言われてい…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年10月7日 三重県津市

伊勢道津ICを8時に出る 市街地の<福蔵寺>を皮切りに、津市の西北部地域へ 初めての訪問となる安濃町に入る 安濃町は田畑が広がる農業地域で、西に経が峰、稲子山、擂鉢山を 望む <長久寺>などを巡って、芸濃町に入る                 経が峰                 擂鉢山     …

続きを読むread more

光泰寺 (静岡県藤枝市) 木喰仏

江戸時代後期の仏教行者・木喰上人は全国を行脚し、各地に木喰仏を 多数残している。 1800年6~8月の2ヶ月、藤枝市岡部に滞在し、木喰仏を残して いるが、その内の2体が光泰寺に残されている。 木喰仏の再発見者・柳宗悦が、全国の木喰仏調査の際に一目惚れした 木喰仏が、光泰寺の<聖徳太子立像>である。 <静岡県のお寺一覧> …

続きを読むread more

願成寺 (岐阜県本巣市)

本巣市には願成寺が2ヶ寺あり、こちらは政田地区にある日蓮宗の お寺である。 長屋門を構え、こじんまりとしたお寺であるが、このお寺を知らしめて いるのは、江戸時代造像の日蓮聖人坐像である。 精緻に細工され、本巣市の文化財に指定されている。 <岐阜県のお寺一覧> (1)寺名:願成寺(がんじょうじ) (2)住所:岐阜県本…

続きを読むread more

専立寺 (福井県鯖江市) 朝倉景紀の菩提寺

川島町に建つ加多志波神社は、718年泰澄大師が開創した蓮華寺の跡地に 建立されたといわれ、蓮華寺の法灯を継ぐ浄願寺、蓮華寺の奥の院の法灯を 継ぐのが専立寺といわれている。 蓮華寺は大寺であったが、1573年の兵火で焼失している。 専立寺は、越前戦国大名・朝倉貞景の四男・景紀が晩年過ごしたお寺で、 近年景紀の墓が発見されてい…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年10月3日 兵庫県北摂

新名神宝塚北スマートICを8時前に出る 宝塚市北部の西谷地区に入る 山間田園が広がる山里で、新名神が開通してアクセスが 便利になった。 <満福寺>を皮切りに巡り、<宝山寺>では話に花が咲く 茅葺の山門も久しぶりの出会いとなる。 千刈水源池に架かる参道橋を渡り、小丘に建つ<普明寺> では、宝篋印塔など石造物が豊富で、その探索…

続きを読むread more

能登大仏 (石川県穴水町)

全国に巨大な大仏や観音像が立っているが、それらの多くは、資産家が 様々な意趣で建立したもので、中には放置されているものも多い。 ここ穴水町乙ケ崎に建つ能登大仏は、能登半島観光案内にも掲載されている スポットとなっている。 2003年地元の建設会社オーナー堀内秀雄が造立し、周囲を仏教公園 (真和園)とし、三重塔などが整備されてい…

続きを読むread more

円光寺 (富山県氷見市)

能登半島の根元にあって、石川県と富山県の県境に連なる宝達丘陵を 源とし、富山湾に注ぐ2級河川・余川川中流域に開けた余川集落に 建つ円光寺を訪れたのは、氷見市名木に数えられる<モチノキ>を 拝観するはずであったが、その場所に行けず参拝してひきあげた。 円光寺の由緒については不詳である。 <富山県のお寺一覧> (1)寺名…

続きを読むread more