法念寺 (大阪府四條畷市)

北生駒山地の西麓にあって、人口55,000人の郊外都市である
四條畷市には遺跡などが多く、古い歴史を持っている。
そんな中にあって、南北朝時代の<四條畷の戦い>で戦死した
楠木正行(くすのきまさつら)<小楠公>の墓所が中心街にある。
ここは四條畷の聖地であり、そこのクスノキは市の木となっている。
墓所の裏手に建つのが法念寺である。
訪れた時は、本堂修理中で境内には入山できなかった。

<大阪府のお寺一覧>

(1)寺名:法念寺(ほうねんじ)
(2)住所:大阪府四條畷市雁屋南町26-17
(3)宗派:真宗大谷派 (4)開創:不詳
(5)本尊:阿弥陀如来
(6)参考
1)楠木正行墓所:府指定史跡
2)墓所のクスノキ:府指定天然記念物 推定樹齢600年
3)訪問日:2019年1月19日

1楠木正行墓所(27-0000)法念寺 (4).JPG
               楠木正行墓所

2(27-0000)法念寺 (5).JPG

3クスノキ(27-0000)法念寺 (6).JPG
                クスノキ

4(27-0000)法念寺 (7).JPG

5法念寺門前(27-0000)法念寺 (2).JPG
                法念寺門前

6本堂(27-0000)法念寺 (3).JPG                 本堂