吉備寺 (岡山県倉敷市真備町) 吉備真備の菩提寺

学問の神様といえば、平安時代の菅原道真が一般的であるが、奈良時代の 吉備真備(きびのまきび)も学問の神様として崇敬されている。 奈良時代に中国唐に二度渡り学問を修め、唐王朝から認められた学者で、 日本に帰朝後は、政治家としても天皇を支えた偉人である。 その吉備真備の出身地が、真備町箭田(まびちょうやた)の地であり、 菩提寺が吉…

続きを読むread more