京都府南西部のお寺

京都府南西部(向日市、長岡京市、大山崎町、八幡市) のお寺総覧 <向日市> 石塔寺:鶏冠井題目踊り 南真経寺:関西最初の日蓮宗寺院 北真経寺:関西最初の日蓮宗寺院 来迎寺:種子両界曼荼羅板碑 慶昌院:田植え地蔵尊 泉福寺:洛西三十三観音霊場第16番 持泉寺(向日市):上植野城跡 法道寺:地蔵菩薩半跏像 <長…

続きを読むread more

円明教寺 (京都府大山崎町) 中世の山荘

天王山東北麓にあって、大山崎町円明寺地区に、百日紅の花を咲かせる 円明教寺がひっそりと建つ。 お寺の開創は奈良時代とも、平安時代末期ともいわれ、開創については 不詳であるが、平安時代末期には円明寺として存在したといわれている。 鎌倉時代になると、西園寺公経~九条道家~一条家と公卿の山荘が建てられ、 山荘地の中に円明寺は法灯を守…

続きを読むread more

西照院 (滋賀県日野町)

日野町の下駒月集落に、古刹安楽寺と並んで建つ西照院は、1522年 開創されたと伝えられている。 安楽寺は無住で、西照院が集落の菩提寺となっているのだろう。 <滋賀県湖東地域のお寺一覧> (1)寺名:西照院(さいしょういん) (2)住所:滋賀県日野町下駒月1059 (3)山号:月光山 (4)宗派:浄土宗 (5)開基:…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年8月9日 伊賀名張の石仏

滋賀県信楽町~三重県伊賀市の県道138号御斎(おとぎ)峠に 7時到着 展望台に登ったが、霞んで眺望きかず 伊賀~名張の石仏探索となる 伊賀石仏探索は3度目となるが、 伊賀には石仏が多く、4回目の探索がこれからも。 名張の石仏は初めてで、どうなるか楽しみに                名残の紫陽花      …

続きを読むread more

了源寺 (三重県伊賀市) 了源上人の墓

了源寺は、鎌倉時代末期に京都仏光寺中興の祖了源上人が伊賀で布教中 開創したと伝えられている。 伊賀の布教を終えて京へ戻る途中、現在の国道422号桜峠で賊に襲われて 最期を迎えている。 <了源上人遺跡> 襲われた理由については諸説ある。 亡骸は了源寺に葬られたといわれている。 了源上人は仏光寺7代であるが、実質上の開…

続きを読むread more

名古屋西別院 (愛知県名古屋市中区) 西本願寺名古屋別院

名古屋城の南、通称南寺町と呼ばれる門前町に、インド天竺様式の本堂を 構えるのが名古屋西別院である。 名古屋西別院の始まりは、明応年間(1492~1501年)に、 蓮如上人の六男蓮淳が、現在の桑名市長島町に開創した願証寺である。 長島一向一揆(1570~74年)によって焼失したが、1584年頃、 現在の清須市に再興され、名古屋城…

続きを読むread more

了源上人遺跡 (三重県伊賀市) 了源上人最期の地

滋賀県甲賀市信楽町から三重県伊賀市へ入る国道422号の桜峠に、 パーキングがあり、<中興了源上人遺跡>の標石が立つ。 その標石から林への林道を道なりに100mほど入った林間に、 整備された了源上人遺跡がある。 ここは、1335年了源上人が賊に襲われた最期の地である。 了源上人は、真宗仏光寺派本山の京都仏光寺第7代で、実質上…

続きを読むread more

常泉寺 (愛知県名古屋市中村区) 豊臣秀吉生誕地

中村区中村町の中村公園、その中に建つ豊国神社、公園の東隣に建つ 常泉寺、隣接する妙行寺など一帯は、豊臣秀吉と加藤清正ゆかりの地 である。 豊臣秀吉生誕地といわれるのが常泉寺である。 1537年、通説として、木下弥右衛門となか(大政所)の間に、この地で 生まれている。 1606年、この地に加藤清正が秀吉の廟堂として開創したのが…

続きを読むread more

萬松院 (静岡県藤枝市岡部町) 駿河武士岡部氏の菩提寺

朝比奈川を眼下に、遠く駿河湾を望む丘陵地に建つのが萬松院である。 萬松院は、駿河武士の代表的存在であった岡部氏の菩提寺で、 永禄年間(1558~70年)の開創と伝えている。 岡部氏は、平安時代末期に、入江氏が京から岡部郷に入り、鎌倉時代に 岡部を名乗ったといわれ、朝日山城を根拠とし、今川氏に仕えた。 駿河で名を高めた世代は、久…

続きを読むread more

西岸寺 (岐阜県羽島市)

西岸寺が建つ竹鼻町は、羽島市の中心地で、江戸時代には商業地として 、竹鼻別院の門前町としても栄えた。 しかし、1891年の濃尾地震によって大半が倒壊焼失し、西岸寺も その被害を受けている。 西岸寺は1584年、僧祐慶による開創と伝え、祐慶が伝えた数々の 寺宝の多くを、濃尾地震によって失っている。 現在、女性住職であるが、…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年8月2日 山添村、伊賀市の石仏

名阪国道五月橋ICを7時半に出る。 山添村、伊賀市は石仏の宝庫といえよう~ 川辺、林の中、路傍、山中の磨崖仏、お寺・神社と様々な環境にある 石仏を探すのも、もくもく探索の醍醐味となる。 中には、探し廻りに林の中を、道なき探索で、衣服はドロドロと。                  山添村         …

続きを読むread more

宝国寺 (福井県敦賀市)

敦賀市南部に位置する御名(ごみょう)地区にあって、田園に囲まれて建つ のが宝国寺である。 小さなお寺であるが、1851年に開創された<若越新四国八十八ヶ所霊場> の札所である。 若越新四国八十八ヶ所霊場は、敦賀市、美浜町を中心に、主に地蔵菩薩を 札所本尊としたミニ四国八十八ヶ所霊場で、お寺だけでなく、野仏や祠なども 含まれて…

続きを読むread more

景完教寺 (富山県砺波市)

砺波平野の特色といえば散居村である。 砺波平野に<カイニョ>と呼ばれる屋敷林に囲まれた農家が、ポツポツと 7000戸ほど点在する様を散居村と言っている 砺波市宮村の散居村に建つのが景完教寺である。 お寺は1300年頃に開創されたと伝えるが詳細は不詳である。 お寺には、室町時代造像の聖徳太子孝養像が祀られているが、この像には…

続きを読むread more