中宮寺 (奈良県奈良市柳生) 柳生氏の旧菩提寺

柳生の里のシンボル、十兵衛杉は枯木となったが、その姿はまさしく
シンボルといえよう。
柳生十兵衛が西国観察の旅に出る前に、中宮寺の先祖墓を参った際に、
植えられたと伝わる杉で、樹齢350年以上となっているが、落雷の
ために枯木となっている。
中宮寺は、1354年柳生家重が葬られた時から、代々柳生氏の
菩提寺であったといわれている。
1638年柳生宗矩が芳徳寺を開創し、菩提寺とするまで、中宮寺は
菩提寺であった。
現在の中宮寺は、柳生下町公民館を兼ねている。

<奈良県のお寺一覧>

(1)寺名:中宮寺(ちゅうぐうじ)
(2)住所:奈良県奈良市柳生下町567
(3)山号:月吹山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:薬師如来
(7)訪問日:2017年9月14日

1十兵衛杉(29-05045)(00)中宮寺  (2).JPG
                十兵衛杉

2本堂兼公民館(29-05045)(00)中宮寺  (1).JPG
                  本堂

3弘法大師像(29-05045)(00)中宮寺 (6).JPG
                弘法大師像

4(29-05045)(00)中宮寺 (4).JPG