安養寺 (岡山県倉敷市浅原) 毘沙門天

総社市の福山(302m)南麓にあって、倉敷市北部の浅原谷に
毘沙門天を祀るのが安養寺である。
安養寺は、782年開創されたと伝える朝原寺の朝原千坊の本坊
として990年開創されたと伝える。
朝原寺は鎌倉時代末期には大寺で、現在の浅原地区はその門前集落
として大いに栄えたといわれている。
しかし、1336年の福山合戦(福山城)<総社市福山>で朝原寺
の大伽藍はほとんど焼失し衰退した。
1667年、朝原寺は廃寺となり、安養寺がその法灯を継いで、
1717年現在地に再興された。

安養寺は毘沙門天信仰と花の寺として、多くの参拝者が訪れる名刹である。

<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:安養寺(あんようじ)
(2)住所:岡山県倉敷市浅原1573
(3)山号:朝原山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:報恩大師 (6)開創:782年
(7)本尊:毘沙門天
(8)その他
1)兜跋毘沙門天立像:重要文化財 平安時代 像高205cm
2)吉祥天立像:重要文化財 平安時代 像高170cm
3)裏山経塚出土品:重要文化財 平安時代
4)裏山経塚群:県指定史跡 平安時代
5)層塔群:市指定史跡
6)訪問日:2020年6月16日

1全景(33-1501)安養寺 (27).JPG                 全景

2弁天堂(33-1501)安養寺 (25).JPG
                 弁天堂

3参道(33-1501)安養寺 (6).JPG                 参道

4毘沙門天(33-1501)安養寺 (7).JPG
                毘沙門天

5(33-1501)安養寺 (10).JPG

6山門(33-1501)安養寺 (14).JPG                 山門

7弘法大師像(33-1501)安養寺 (16).JPG
                弘法大師像

8本堂(33-1501)安養寺 (18).JPG                 本堂

9揄祇塔(33-1501)安養寺 (21).JPG
                 揄祇塔