大円寺 (兵庫県豊岡市日高町) 神鍋高原

国道432号の左右に広がる神鍋高原は、関西随一のスキー場で、キャンプ場
ゴルフ場などリゾート地として知られている
その高原の中心集落にあって、道の駅神鍋高原の近くに、神鍋山を背に建つ
のが大円寺である。
大円寺は、1603年、京都南禅寺の269世悦叔禅師が開創した由緒のある
お寺で、集落の中核寺院となっている。
楼門形式の山門は、由緒あるお寺に相応しい威容を持ち、境内は整備され
禅寺の風景が漂っている。

<丹波但馬のお寺一覧>

(1)寺名:大円寺(だいえんじ)
(2)住所:兵庫県豊岡市日高町栗栖野573
(3)山号:久遠山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派
(5)開山:悦叔禅師 (6)開創:1603年
(7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)山門:市指定文化財 1778年
2)梵鐘:市指定文化財 1926年
3)宝篋印塔:市指定文化財 室町時代
4)悦叔禅師語録:市指定文化財 江戸時代初期
5)訪問日:2019年6月25日

1神鍋高原北部(28-0000)大円寺 (13).JPG
               神鍋高原北部

2神鍋高原南部(28-0000)大円寺 (2).JPG
               神鍋高原南部

3道の駅神鍋高原(28-0000)大円寺 (1).JPG
               道の駅神鍋高原

4門前(28-0000)大円寺 (5).JPG                 門前

5境内入口、背後に神鍋山(28-0000)大円寺 (6).JPG
             境内入口背後に神鍋山

6観音像(28-0000)大円寺 (7).JPG

7山門(28-0000)大円寺 (8).JPG                 山門

8石庭(28-0000)大円寺 (11).JPG                 石庭

9本堂(28-0000)大円寺 (9).JPG                 本堂

10外周石垣(28-0000)大円寺 (12).JPG
                外周石垣