了源寺 (三重県伊賀市) 了源上人の墓

了源寺は、鎌倉時代末期に京都仏光寺中興の祖了源上人が伊賀で布教中
開創したと伝えられている。
伊賀の布教を終えて京へ戻る途中、現在の国道422号桜峠で賊に襲われて
最期を迎えている。

<了源上人遺跡>

襲われた理由については諸説ある。
亡骸は了源寺に葬られたといわれている。
了源上人は仏光寺7代であるが、実質上の開祖である。

<三重県のお寺一覧>

(1)寺名:了源寺(りょうげんじ)
(2)住所:三重県伊賀市佐那具町598
(3)山号:寒桜山 (4)宗派:真宗仏光寺派
(5)開基:了源上人 (6)開創:鎌倉時代末期
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)了源上人墓所:市指定史跡
2)訪問日:2018年10月28日

1山門(24-1244)了源寺 (5).JPG                 山門

2本堂(24-1244)了源寺 (6).JPG                 本堂

3了源上人墓(24-1244)了源寺 (7).JPG
                了源上人墓