常泉寺 (愛知県名古屋市中村区) 豊臣秀吉生誕地

中村区中村町の中村公園、その中に建つ豊国神社、公園の東隣に建つ
常泉寺、隣接する妙行寺など一帯は、豊臣秀吉と加藤清正ゆかりの地
である。
豊臣秀吉生誕地といわれるのが常泉寺である。
1537年、通説として、木下弥右衛門となか(大政所)の間に、この地で
生まれている。
1606年、この地に加藤清正が秀吉の廟堂として開創したのが常泉寺の
始まりである。
境内には、秀吉手植えの柊や産湯の井戸が残されている。

豊国神社は全国に数多くあるが、最初に創建されたのが京都豊国神社
(1599年)で、ここ豊国神社は、徳川幕府崩壊後の1885年である。

<愛知県のお寺一覧>

(1)寺名:常泉寺(じょうせんじ)
(2)住所:愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷47
(3)山号:太閤山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開基:加藤清正 (6)開創:1606年
(7)本尊:十界曼荼羅
(8)訪問日:2017年5月21日

1豊国神社(23-2300)(00)豊国神社 (9).JPG
                豊国神社

2豊国神社(23-2300)(00)豊国神社 (2).JPG
                豊国神社

3日吉丸と仲間達(23-2300)(00)豊国神社 (5).JPG
             日吉丸と仲間(公園内)

4常泉寺全景(23-2300)(00)豊国神社 (7).JPG
                常泉寺全景

5山門(23-2301)(00)常泉寺 (1).JPG
                  山門

6豊臣秀吉像(23-2301)(00)常泉寺 (7).JPG
            豊臣秀吉像

7本堂(23-2301)(00)常泉寺 (5).JPG
                  本堂

8産湯の井戸(23-2301)(00)常泉寺 (8).JPG
                産湯の井戸

9柊(23-2301)(00)常泉寺 (10).JPG
                  柊