西岸寺 (岐阜県羽島市)

西岸寺が建つ竹鼻町は、羽島市の中心地で、江戸時代には商業地として
、竹鼻別院の門前町としても栄えた。
しかし、1891年の濃尾地震によって大半が倒壊焼失し、西岸寺も
その被害を受けている。
西岸寺は1584年、僧祐慶による開創と伝え、祐慶が伝えた数々の
寺宝の多くを、濃尾地震によって失っている。

現在、女性住職であるが、真宗大谷派では1991年派内の条例改正
によって女性住職を認め、その後女性住職が誕生している。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:西岸寺(さいがんじ)
(2)住所:岐阜県羽島市竹鼻町2811-1
(3)山号:寺田山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:祐慶 (6)開創:1584年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)訪問日:2017年4月30日

1門前(21-0213)西岸寺 (6).JPG                 門前

2参道(21-0213)西岸寺 (5).JPG                 参道

3本堂(21-0213)西岸寺 (4).JPG                 本堂