円満寺 (岐阜県海津市)

養老山地東麓に広大な霊苑を擁し、<薩摩カイコウズ街道>と呼ばれる
県道56号に面して建つのが円満寺である。
円満寺は天平年間(729~749年)に開創されたと伝わる古刹で、
本堂内には多数の文化財に指定された仏像が祀られている。
これらの仏像の中には、廃寺となったお寺から移された仏像もある。
また、裏山山頂には、4~5世紀の<円満寺山古墳群>があり、歴史と
文化に彩られた地域である。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:円満寺(えんまんじ)
(2)住所:岐阜県海津市南濃町庭田744
(3)山号:三輪山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:行基 (6)開創:729~749年
(7)本尊:釈迦如来
(8)その他
1)釈迦如来坐像:市指定文化財 室町時代 像高141cm
2)薬師如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高131cm
3)大日如来坐像:市指定文化財 藤原時代 像高142cm
4)十一面観音立像:市指定文化財 藤原時代 像高104cm
5)聖観音立像:市指定文化財 藤原時代 像高179cm
6)阿弥陀如来坐像:市指定文化財 鎌倉時代 像高52cm
7)地蔵菩薩坐像、天部立像:市指定文化財 室町時代
8)訪問日:2017年4月30日

1山門(21-0106)円満寺 (3).JPG                 山門

2(21-0106)円満寺 (2).JPG

3本堂(21-0106)円満寺 (1).JPG                 本堂