観音寺 (富山県小矢部市) 北陸三十三ヶ所観音霊場第26番

白馬山麓にあって、観音町に建つ観音寺は、667年、現在の小矢部市五社に、
インドからの渡来僧といわれる伝説の法道仙人によって開創されたと伝わる
古刹で、七堂伽藍の大寺として栄えたといわれている。
1586年、前田利家の甥前田利秀が今石動(いまいするぎ)城主となって、
天正大地震で損壊した城下を再興している。
その際の1589年、観音寺は現在地に移っている。

観音町の入り組んだ一角に観音寺は建つが、北陸観音霊場としても参拝者も
多く、古刹の雰囲気を漂わせている。

<富山県のお寺一覧>

(1)寺名:観音寺(かんのんじ)
(2)住所:富山県小矢部市観音町1-9
(3)山号:本覚山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:667年
(7)本尊:聖観音
(8)その他
1)北陸三十三ヶ所観音霊場第26番
2)獅子庵跡:市指定史跡 俳人各務支考の庵跡
3)訪問日:2019年6月1日

1山門(16-0404)観音寺 (1).JPG                 山門

2境内(16-0404)観音寺 (2).JPG                 境内

3弘法大師像(16-0404)観音寺 (6).JPG
                弘法大師像

4本堂(16-0404)観音寺 (7).JPG                 本堂