丹河地蔵堂 (和歌山県みなべ町) イチョウ

南部川河口近くにあって、熊野九十九王子の一つ<三鍋王子>参道に建つ
丹河地蔵堂には、樹齢300年以上といわれるイチョウが参道を覆っている。
延命地蔵として、地元の人たちの信仰を集め維持されてきた。
地蔵堂は江戸時代中期の建立とみられ、イチョウもその頃、植えられたと
推定されている。
現在は住宅地となり、イチョウも剪定されたが樹勢は旺盛である。

<和歌山県のお寺一覧>

(1)堂名:丹河地蔵堂(たんがじぞうどう)<別名:丹川地蔵堂>
(2)住所:和歌山県みなべ町北道63-2近辺
(3)年代:江戸時代中期
(4)本尊:地蔵菩薩
(5)その他
1)イチョウ:県指定天然記念物 推定樹齢300年以上
2)訪問日:2019年11月16日

1南部川河口(30-3502)千里観音 (7).JPG
                南部川河口

2イチョウ(30-3503)丹河地蔵堂 (1).JPG
                イチョウ

3イチョウ(30-3503)丹河地蔵堂 (7).JPG

4地蔵堂(30-3503)丹河地蔵堂 (2).JPG
                 地蔵堂

5(30-3503)丹河地蔵堂 (8).JPG