遠生寺 (三重県四日市市)

四日市市堂ヶ山町の田園集落に建つ遠生寺は、南北朝時代に天台宗の お寺として開創されたと伝えるが、寛正年間(1460~66年)に 真宗高田派に代わり、1660年浄土宗に改宗している。 こうした宗派の変遷はよくあることで、珍しくない。 お寺の風景は普通のお寺であるが、阿弥陀如来、薬師如来の文化財仏像 を有する歴史を持っている。 …

続きを読むread more

龍光寺 (愛知県一宮市)

龍光寺が建つ一宮市千秋町は一宮市東部にあって、農業集落の 緑と住宅地区であるが、現在は住宅地として変貌しつつある。 そんな中にあって、龍光寺は神社風の境内を呈している。 龍光寺の開創は不詳であるが、本尊の十一面観音像は平安末期~ 鎌倉時代の造像と考えられ、開創もその頃かも。 <愛知県のお寺一覧> (1)寺名:龍光寺(…

続きを読むread more

仏眼院 (三重県桑名市)桑名東城主・伊藤氏の菩提寺

戦国時代の桑名には、桑名東城、桑名西城、三崎城があり、土豪が蟠踞して いたが、伊藤武左衛門実房が1513年に築城したといわれる桑名東城の 跡地に、1601年築城されたのが桑名城である。 現在は、桑名城跡は九華公園として整備されている。 桑名城跡の西800mほどの南魚町に、ポツンと建つのが仏眼院である。 仏眼院は、平安時代初期に…

続きを読むread more

瑞雲寺 (岐阜県土岐市) 東濃善光寺

土岐市は、陶磁器生産量日本一の美濃焼産地で、その中にあって、瑞雲寺が 建つ駄知町(だちちょう)は<どんぶり生産日本一>の里として知られる。 瑞雲寺の開創は不詳であるが、本尊に善光寺如来を祀り東濃善光寺と 呼ばれている。 <岐阜県のお寺一覧> (1)寺名:瑞雲寺(ずいうんじ) (2)住所:岐阜県土岐市駄知町1564-2…

続きを読むread more

祐福寺 (三重県熊野市)

熊野市は1954年、木本町と7村が合併し発足しているが、熊野の市名は 本来この地域のイメージとは強く結びついていないが、熊野灘の中心地域に位置 していることによるのか。和歌山県からはクレームがついたとか。 木本町は熊野古道伊勢路の通過地区で、古来この地域の中心として栄えたと いわれ、小さいながらも寺町が華城山南麓、熊野古道に接し…

続きを読むread more

桂林寺 (愛知県大口町) 堀尾吉晴の供養塔

大口町堀尾跡に建つ桂林寺には、<松江開封の祖>と呼ばれ、国宝松江城を 築城した堀尾吉晴の供養塔がある。 また、吉晴が生まれた地区でもあり、地名に堀尾跡として残っている。 堀尾吉晴は秀吉と家康に仕え、最後は幼少の松江藩主堀尾忠晴(孫)の 補佐役として1607~11年に松江城を築城し、松江の基礎を築き、 松江では堀尾吉晴は忘れられ…

続きを読むread more

東禅寺 (岐阜県可児市)

1601年、徳川家康から久々利の地を与えられた千村良重は 代官として、また尾張藩の家臣として陣屋を置いた。 1611年、千村氏の菩提寺として東禅寺は開創された。 千村良重は、木曽谷の領主木曾義昌の縁者であり、家臣として 仕えている。木曾義昌が1590年家康の命で現在の千葉県旭市に 移り、義昌が菩提寺として東禅寺を開創している。…

続きを読むread more

当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 浄瑠璃寺道三体磨崖仏

府道752号沿いの山麓にあって、浄瑠璃寺まで150mほどの木々の 中に安置されているのが<浄瑠璃寺道三体磨崖仏>で、元は磨崖仏で あったが、府道拡張工事に伴い移設安置されている。 現在は磨崖仏の姿を失くしているが、室町時代の磨崖仏である。 <京都府南部のお寺一覧> (1)石仏名:浄瑠璃寺道三体磨崖仏 (2)住所:京都…

続きを読むread more

真巌寺 (三重県尾鷲市九鬼町) 九鬼水軍発祥の地

九鬼町は、熊野灘のリアス式海岸の湾奥に天然の良港をもつ中世の 九木浦を継承した鰤漁の集落で、また戦国時代の九鬼水軍発祥の地 でもある。 南北朝時代に九木浦に城を築いた九鬼隆信が、後の九鬼水軍九鬼氏の 祖といわれ、貞治年間(1362~68年)、現在の志摩市大王町波切 に移るまで九木浦を領している。 その隆信が1346年菩提寺と…

続きを読むread more

般若寺 (愛知県江南市) 生駒氏の祈祷寺

般若寺は1391年開創されたと伝えられ、永禄年間(1558~70年)に 地元の豪族生駒氏の祈祷所として再興されている。 生駒氏といえば、織田信長の側室吉乃(きつの)の実家である。 吉乃は信忠、信雄、徳姫の母で、織田家では正室並の処遇を受けていた。 なお、生駒氏の菩提寺は近くの久昌寺で、般若寺は久昌寺の末寺である。 <愛知県…

続きを読むread more

福寿寺 (岐阜県多治見市) 中部四十九薬師霊場第31番

1988年、長野、岐阜、愛知、山梨県に設けられた中部四十九薬師霊場は 信濃国分寺(長野県上田市)を1番とし、願興寺(岐阜県御嵩町)を49番、 特別霊場に善光寺大勧進、大本願を置く新しい霊場である。 その中にあって、福寿寺は第31番である。 福寿寺は江戸時代前期に、現在の瑞浪市に開創され、明治時代初期の 廃仏毀釈により廃寺となっ…

続きを読むread more

光台寺 (富山県高岡市) 放光菩薩

万葉集の代表的な歌人大伴家持に愛された二上山の南麓に建つ光台寺の 開創については不詳であるが、参道脇に坐る<放光菩薩>像には大いに 好奇心が沸いた。 観音菩薩と地蔵菩薩の一対を放光菩薩と呼び、ご利益は安産と航海の安全 といわれ、曹洞宗の太祖大師と呼ばれる瑩山禅師は放光菩薩信仰を唱えているが、 放光菩薩を祀っているのは、曹洞宗大…

続きを読むread more

三重県のお寺一覧

三重県のお寺を紹介  津市、松阪市のお寺  伊賀市のお寺  東林寺(いなべ市):白滝  行順寺(いなべ市):蓮如上人ゆかりの寺  聖宝寺(いなべ市):浄土庭園  長楽寺(いなべ市):樅の木  光蓮寺(いなべ市):梅戸城主の菩提寺  覚通寺(いなべ市):寄せ燈籠  源盛院(木曽岬町):芭蕉句碑  了清寺(木…

続きを読むread more

円通閣 (三重県紀北町) 導観音

熊野古道伊勢路が、伊勢から荷坂峠を越えて紀伊に入る道ができる 江戸時代前期までは、ツヅラト峠を越えて赤羽地区にはいる伊勢路であった。 その赤羽地区に建つ円通閣観音は、西国三十三観音霊場第1番青岸渡寺へ 導く観音として崇められ、<導観音>と呼ばれた。 また、<朝寝観音>、<中桐観音>などの別称がある観音である。 円通閣の開創は不…

続きを読むread more

東海北陸のお寺総覧

東海北陸の訪問回数は数十回になり、富山県・石川県・静岡県の訪問 が少し残っている。 富山県のお寺 石川県のお寺 福井県のお寺 岐阜県のお寺 静岡県のお寺 愛知県のお寺 三重県のお寺              富山県立山寺              石川県妙成寺      …

続きを読むread more

愛知県のお寺一覧

愛知県のお寺を紹介します。 名古屋市のお寺一覧 岡崎市、豊田市、豊橋市のお寺一覧 知多四国霊場 尾張四観音:龍泉寺観音、甚目寺観音、荒子観音、笠寺観音 高徳院(豊明市):桶狭間古戦場跡 甚目寺(あま市):尾張四観音 法蔵寺(あま市):鉄造地蔵菩薩 蓮華寺(あま市):蜂須賀小六の菩提寺 広済寺(あま市):尾張…

続きを読むread more

無量寺 (愛知県蒲郡市) がん封じ寺

桜並木の参道を進むと、数多くの<願かけ絵馬>が迎えてくれる無量寺は、 がん封じの寺として、愛知県、蒲郡市の観光案内に紹介されるスポットでも ある。 無量寺は951年開創と伝えられ、本尊の西浦不動は古くから願掛け不動 として、特に近年はがん封じのお寺として信仰を集めている。 また、住職によるがん予防の法話が人気を集めている。 …

続きを読むread more

静岡県のお寺一覧

東海道の中央に位置し温暖な土地柄もあり古刹・名刹も多いが戦乱の 影響も受けて古い堂舎は少なく、国宝に指定された堂舎はない。 徳川家ゆかりの寺や信仰の篤い遠州三山などがあげられようか。 青龍寺(御殿場市):役行者ゆかりの寺 大雲院(御殿場市):深沢城遺構の山門 宝持院(御殿場市):小田原城主・大森氏ゆかりの寺 大乗寺(…

続きを読むread more

龍巣院 (静岡県袋井市) 龍神伝説

龍巣院は1489年、龍が棲んでいたと言い伝えられる処に開創されたと 伝えられ、戦国時代の兵火、江戸時代初期の火事などを経て、寛永年間 (1624~44年)に再興されている。 その時に建立された山門の彫刻<龍と虎>は左甚五郎の作といわれ、 その龍が夜な夜な抜け出し、田畑を荒らすのがわかると、元武士であった 住職が龍の腹に太刀を切…

続きを読むread more

岐阜県のお寺一覧

岐阜県には多くの禅寺があり、清楚な雰囲気が漂う風景を持っている。 私が参拝したお寺を紹介します。 飛騨三十三観音霊場も合わせて紹介。 飛騨三十三観音霊場(高山市、飛騨市) 岐阜市のお寺一覧 大垣市、羽島市のお寺一覧 揖斐川町、池田町、本巣市のお寺一覧 神護寺善学院(神戸町):日吉神社の別当寺 密厳…

続きを読むread more

光宗寺 (岐阜県富加町)

飛騨街道の入口にあたる富加町にあって、山間田園地帯にイチョウの 大木が目立つのが光宗寺である。 このイチョウは、18世紀前半に光宗寺が現在地に移転してきた時には イチョウは既にあったといわれ、推定樹齢は400年以上といわれている。 山門と築地塀とイチョウのコンビネーションがそれを物語っている。 光宗寺の始まりは、養老年間(…

続きを読むread more

長野県のお寺一覧

長野県といえば善光寺と浮かぶ名刹であり、日本のお寺を代表する 信仰のお寺ともいえよう。 長野県には多くの仏教文化財も多く、お寺探索の宝庫でもある。 長野県を大きく5つの地域に分けて今後少しずつ紹介していきたい。 <北信地域> 岩松院(小布施町):秀吉子飼の福島正則の菩提寺 浄光寺(小布施町):<重文>薬師堂 善光寺…

続きを読むread more

樹林寺 (長野県伊那市高遠町) 高遠藩主の祈願寺

戦国時代~安土桃山時代、高遠城は信濃における重要拠点として、 覇権争いの地となった。 本能寺の変後は、徳川家康に組した保科正直が城主となったが、一時 京極氏が城主になるが、1600年関ヶ原合戦後、保科正直の嫡男・正光 が千葉多古藩主から高遠藩主となって戻り、その際に現香取市樹林寺を 勧請し樹林寺を開創している。 保科正光は多…

続きを読むread more

福井県のお寺一覧

福井県は真宗・曹洞宗の王国であるが、若狭地域は趣を異にする。 若狭三十三観音霊場 永平寺(永平寺町):曹洞宗大本山 吉峰寺(永平寺町):道元禅師ゆかりの寺 和田本覚寺(永平寺町):越前門徒の中核 円寿寺(永平寺町):本阿弥光悦の書状 昌蔵寺(永平寺町):一乗谷に起源 吉崎御坊(あわら市):蓮如上人ゆかりの地 …

続きを読むread more

恵光寺 (福井県大野市)

1575年、織田信長の命を受けて、越前大野に入った金森長近は、 1576年から大野城築城を開始すると同時に城下町の形成に着手している。 その町割りを計画するにあたり、最初に寺町を計画し、最初に移転した お寺が恵光寺である。 恵光寺には天満宮が祀られており、金森長近が天神(菅原道真)信仰の 篤い信者であったことが起因しているのだ…

続きを読むread more

石川県のお寺一覧

加賀藩主・前田家ゆかりのお寺を始めとして古刹や名刹が あり、特に能登半島には曹洞宗総持寺が元あった総持寺祖院は 曹洞宗らしい風景が残っている。 全昌寺(加賀市):芭蕉ゆかりの寺 宗寿寺(加賀市):国内で現存する唯一の関所門 本光寺(加賀市):日本百名山・深田久弥の菩提寺 実性院(加賀市):大聖寺藩主・前田家の菩提寺 薬…

続きを読むread more

玉泉寺 (石川県金沢市) 永姫の位牌所

寺町群の中に寂しく建つのが玉泉寺である。 玉泉寺は、1263年現在の富山市に菅原道真の像を祀って開創された 浄禅寺が始まりと伝え、加賀藩初代藩主前田利長の正室永姫が金沢に 移った後の1617年、浄禅寺住職を開山として開創されている。 加賀前田家は天神信仰が強く、永姫は浄禅寺の法灯を金沢に勧請した といわれている。 玉泉寺は広…

続きを読むread more

富山県のお寺

高岡市の瑞龍寺は富山県建造物の中で唯一の国宝建造物であり、 その独特の風景はヨーロッパのお城を思わせるものがある。 また、南砺市の瑞泉寺は井波彫刻の原点であり、浄土真宗の拠点でも あった。 十三寺(入善町):北陸三十三ヶ所観音霊場第32番 法福寺(黒部市):明日の大桜 全龍寺(黒部市):天井絵 長安寺(黒部市):山門と…

続きを読むread more

興聖寺 (富山県氷見市)

能越道氷見北ICから県道304号を北西山間部へ、2.5kmの 山間田園地区の山麓に、杉木立の参道を抜けてひっそりと建つのが 興聖寺である。 興聖寺は1352年、臨済宗国泰寺派大本山の国泰寺2世絶崖覚雲 が開創したと伝えられている。 本尊の聖観音は鎌倉時代の作で、珍しく坐像である。 <富山県のお寺一覧> (1)寺名:…

続きを読むread more

北海道東北のお寺

北海道のお寺訪問は2019年8月が最初。 東北地方の訪問は5回であるが、満足な探索はできていない。 東北独自の仏像や堂宇を求めて今後の探索を期待している。 <北海道> 本願寺札幌別院(札幌市):札幌五大寺 経王寺(札幌市):札幌五大寺 北海寺(札幌市):鐘楼 龍松寺(札幌市):仁王門 千正寺(千歳市):1900年開創…

続きを読むread more

経王寺 (北海道札幌市) 札幌五大寺

豊平川に近く、国道36号(札幌本道)に面し、樹木が少ない広大な境内 を持つのが経王寺である。 経王寺は札幌五大寺の一つで、北海道における日蓮宗の本拠として 北海身延と呼ばれている。 札幌五大寺とは、明治時代初期に開創され、北海道における本拠として活動 した札幌のお寺である。五大寺とは、  本願寺札幌別院、真宗大谷派札幌別院、…

続きを読むread more

明徳寺 (高知県東洋町) 四国八十八ヶ所霊場番外

太平洋に面した四国東南海岸にあって、高知県最東端の東洋町は人口2400人 の過疎町であるが、海水浴の白浜海岸とサーフィンの生見ビーチが売り物の 観光町である。 その野根地区にあるのが明徳寺である。 四国遍路にとっては、第23番薬王寺~第24番最御崎寺の距離が 75kmある行程の中間に位置するのが番外札所明徳寺で、国道55号が …

続きを読むread more

光蔵寺 (愛媛県今治市) 厄除け薬師

今治市南端に位置する朝倉盆地にあって、小寺山の山麓に城郭風の石垣 を構える光蔵寺が建っている。 4~5月には、白モクレン、唐椿が鮮やかな彩りを奏でるお寺として、 なによりも江戸時代からの<厄除け薬師>として、地元に根付いた お寺として信仰を集めているとか。 残念ながら、私の訪問は10月で花を愛でることはできなかった。 光…

続きを読むread more

呑海寺 (徳島県松茂町) うなぎ供養塔

徳島阿波おどり空港のある松茂町(まつしげちょう)にあって、旧吉野川 が流れる中喜来(なかぎらい)地区に建つ呑海寺に、<うなぎ供養塔>が 建つのを知り、訪れた。 旧吉野川の天然うなぎや養鰻が有名で、全国に知られるうなぎ店もある 松茂町の中喜来養鰻組合が建立した供養塔である。 また、呑海寺の地蔵盆で行われる<二上り音頭とまわり踊り…

続きを読むread more

医王寺 (広島県福山市鞆町) 鞆の浦を望むお寺

万葉集にも詠まれた鞆の浦は、古代から親しまれた港で、江戸時代には <潮待ちの港>として栄え、鞆町には20弱のお寺が甍を並べている。 その中にあって、最古類の医王寺は後山山麓に建ち、境内からの、更に 上の太子殿からの眺望が鞆の浦のスポットとなっている。 今回の訪問では、太子殿への583段石段の登山は遠慮した。 万葉集大伴旅人の歌…

続きを読むread more

中国・四国・九州のお寺  総覧

中国・四国・九州のお寺を県別に紹介 鳥取県   島根県   岡山県   広島県   山口県 徳島県   香川県   愛媛県   高知県 福岡県   佐賀県   長崎県   大分県   熊本県             観音院(鳥取県鳥取市)             清水寺(島根県安来市)        …

続きを読むread more

雲居寺 (岡山県新見市)

新見市街地の東部にあって、黒髪山(647m)山麓に建つのが 雲居寺である。山麓といっても市街地からは高所にあり、市街地を 望むことができる。 雲居寺の開創は不詳であるが、同じ山麓にある西来寺の末寺で、 西来寺は新見藩主関氏の菩提寺、雲居寺は関氏の親族、家臣の 菩提寺となっている。 新見藩は1万8千石の小藩であったが、1697…

続きを読むread more

妙光寺 (鳥取県鳥取市鹿野町)

鳥取市西部に位置する鹿野町は、16世紀末~17世紀中頃の鹿野城の 城下町として栄えた町で、現在もその面影が残る落ち着いた町である。 1640年播磨山崎藩主から鹿野藩主として移封した池田輝澄が、祖母、 父母の位牌を安置した位牌所が妙光寺である。 1662年輝澄が亡くなると、鹿野藩は廃藩となっている。 妙光寺は1474年法華経…

続きを読むread more

熊本県のお寺

熊本県といえば加藤清正が思い浮かぶが、彼の菩提寺が熊本市にある 本妙寺で、熊本県では代表的なお寺といえよう。 国の重要文化財に指定されているお寺の建造物は全て球磨地域に 集中しており、それも山里の中に残されている。   本妙寺(熊本市):加藤清正の菩提寺 雲巌寺(熊本市):宮本武蔵ゆかりの霊巌洞 長寿寺(熊本市):木原不動…

続きを読むread more

延慶寺 (熊本県天草市) 兜梅

豊臣秀吉が全国制覇を成し遂げつつあった頃の1589年、 天草の土豪五人衆と加藤清正・小西行長軍の天草合戦が天草に おいて繰り広げられ、五人衆は敗北したり降伏している。 この合戦で、本渡城の客将であった木山弾正とその妻・お京の 戦いが伝説として残り、特にお京の討死に絡んでいるのが、 <延慶寺の兜梅>である。 私が訪れたのは…

続きを読むread more

高知県のお寺

高知県のお寺を紹介 <青字をクリックすると詳細へ> 豊楽寺(大豊町):<国宝>薬師堂 明徳寺(東洋町):四国八十八ヶ所霊場番外 大日寺(香南市):四国八十八ヶ所霊場第28番 土佐国分寺(南国市):四国八十八ヶ所霊場第29番 禅師峰寺(南国市):四国八十八ヶ所霊場32番 竹林寺(高知市):四国八十八ヶ所霊場第31番 …

続きを読むread more

延光寺 (高知県宿毛市) 四国八十八ヶ所霊場第39番

宿毛市平田町中山の国道56号から、山間部へ1kmほど入った 山麓に建つのが延光寺で、平地に建つ四国霊場である。 山門を入って目についたのが、小さな梵鐘を背にした亀の石像で、 赤亀伝説として伝わる梵鐘で、現在も911年銘の銅梵鐘が残されて いる。この伝説に因んで山号は赤亀山となったとか。 もう一つ目に留まったのが、本坊の小さな庭…

続きを読むread more

金剛院 (愛媛県西条市)

石鎚山系の末尾根に位置する八堂山(197m)は、かって金剛院が建ち 八堂伽藍を構えることから八堂山の名が付いたとか。 八堂山には弥生時代の遺跡があり、公園として整備され、展望台もある。              金剛院へ右手に八堂山                  八堂山 金剛院は保元年間(1156~59…

続きを読むread more

真光寺 (香川県丸亀市) 崇徳上皇ゆかりの寺

1156年、皇位継承問題と公家内紛が絡んだ保元の乱で敗北した 崇徳上皇は讃岐に配流され、一時、坂出御供所(ごぶしょ)にあった 真光寺に仮住まいされたと伝えている。 上皇は1164年讃岐の地で亡くなり、坂出市白峯陵に葬られた。 真光寺は、坂出に弘法大師空海によって開創されたと伝え、その後、 坂出御供所に移り、崇徳上皇の仮住ま…

続きを読むread more