興聖寺 (富山県氷見市)

能越道氷見北ICから県道304号を北西山間部へ、2.5kmの
山間田園地区の山麓に、杉木立の参道を抜けてひっそりと建つのが
興聖寺である。
興聖寺は1352年、臨済宗国泰寺派大本山の国泰寺2世絶崖覚雲
が開創したと伝えられている。
本尊の聖観音は鎌倉時代の作で、珍しく坐像である。

<富山県のお寺一覧>

(1)寺名:興聖寺(こうしょうじ)
(2)住所:富山県氷見市余川5909
(3)山号:神龍山 (4)宗派:臨済宗国泰寺派
(5)開山:絶崖覚雲 (6)開創:1352年
(7)本尊:聖観音
(8)その他
1)聖観音坐像:市指定文化財 鎌倉時代 像高55cm
2)訪問日:2019年6月2日

1興聖寺へ(16-0104)興聖寺 (10).JPG
                興聖寺へ

2参道(16-0104)興聖寺 (6).JPG
                  参道

3参道(16-0104)興聖寺  (1).JPG
                  参道

4本堂(16-0104)興聖寺 (4).JPG
                  本堂