桂林寺 (愛知県大口町) 堀尾吉晴の供養塔

大口町堀尾跡に建つ桂林寺には、<松江開封の祖>と呼ばれ、国宝松江城を
築城した堀尾吉晴の供養塔がある。
また、吉晴が生まれた地区でもあり、地名に堀尾跡として残っている。
堀尾吉晴は秀吉と家康に仕え、最後は幼少の松江藩主堀尾忠晴(孫)の
補佐役として1607~11年に松江城を築城し、松江の基礎を築き、
松江では堀尾吉晴は忘れられない人物となっている。
こうした歴史から、大口町と松江市は姉妹都市となっている。

<愛知県のお寺一覧>

(1)寺名:桂林寺(けいりんじ)
(2)住所:愛知県大口町堀尾跡2-16
(3)山号:大香山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:桂林祖香 (6)開創:1484年
(7)本尊:聖観音
(8)その他
1)尾張三十三観音霊場第19番
2)訪問日:2017年4月2日

(23-0605)桂林寺 (1).JPG
                  山門

(23-0605)桂林寺 (2).JPG
                  本堂