光蔵寺 (愛媛県今治市) 厄除け薬師

今治市南端に位置する朝倉盆地にあって、小寺山の山麓に城郭風の石垣
を構える光蔵寺が建っている。
4~5月には、白モクレン、唐椿が鮮やかな彩りを奏でるお寺として、
なによりも江戸時代からの<厄除け薬師>として、地元に根付いた
お寺として信仰を集めているとか。
残念ながら、私の訪問は10月で花を愛でることはできなかった。

光蔵寺の開創は602年と伝えられ、山岳寺院として七堂伽藍を構える
大寺であったといわれたが、1585年の兵火によって焼失し、1593年
現在地に再興されている。

<愛媛県のお寺一覧>

(1)寺名:光蔵寺(こうぞうじ)
(2)住所:愛媛県今治市朝倉上甲918
(3)山号:医王山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:日羅上人 (6)開創:602年
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)唐椿:市指定天然記念物
2)訪問日:2019年10月6日

1参道入口(38-0408)(00)光蔵寺 (1).JPG
                参道入口

2参道(38-0408)(00)光蔵寺 (2).JPG
                  参道

3全景(38-0408)(00)光蔵寺 (4).JPG
                  全景

4外観(38-0408)(00)光蔵寺 (5).JPG
                  外観

5山門(38-0408)(00)光蔵寺 (6).JPG
                  山門

6境内(38-0408)(00)光蔵寺 (8).JPG
                  境内

7護摩堂(38-0408)(00)光蔵寺 (16).JPG
                 護摩堂

8本堂(38-0408)(00)光蔵寺 (11).JPG
                  本堂

9境内から(38-0408)(00)光蔵寺 (14).JPG
                境内から