もくもく探索日誌 2020年3月9日 奈良生駒山系麓

10時に生駒山系麓の平群町に入る。
好天に恵まれ、気温も20℃を超え少し汗ばむ中を、
平群、斑鳩の未知のお寺と石仏を探索。
山麓からの眺望もよし。

01生駒山系(29-0000)平群 (6).JPG
                生駒山系

03(29-0000)平群 (17).JPG

05山麓から(29-0000)平群 (12).JPG
                山麓から

07鳴川渓谷(29-0000)平群 (7).JPG
                鳴川渓谷

09清滝石仏(29-0000)平群 (1).JPG
                清滝石仏

平群の名刹・千光寺への途次に鳴川渓があり、その谷底に
<清滝石仏群>の磨崖仏が点在する。標識や案内板はあまり
整備されておらず、谷底をきょろきょろしながらの探索となる。
こうした谷底にどうして磨崖仏を彫ったのかと。
かっては千光寺参道が通っていたのであろう。

11清滝石仏群(29-0000)平群 (9).JPG
                鳴川渓谷

12清滝地蔵磨崖仏(29-0000)平群 (8).JPG
        清滝地蔵磨崖仏

13揺動地蔵(29-0000)平群 (3).JPG
                揺動地蔵

15(29-0000)平群 (2).JPG
                揺動地蔵

17不動滝(29-0000)平群 (4).JPG
                 不動滝

櫟原地区に入り、<峯の腰痛地蔵>、<首なし地蔵>などの石仏を
経て、<光明寺跡五輪石塔>へ向かったが、これが難渋の探索
となる。
こんもりとした小山の中に寺跡があると、地元の人に聞き、向かうが、
登ってみると、畑が広がるだけで五輪石塔は見えない。
もくもく探索の醍醐味を発揮し、隅から隅まで30分ほど木々の
中を探し、思いもよらない隠れ地に見つける。
これぞもくもく探索の醍醐味。

21峯の腰痛地蔵(29-0000)平群 (10).JPG
               峯の腰痛地蔵

23小山の中に光明寺跡(29-0000)平群 (20).JPG
             小山の中に光明寺跡

25光明寺跡へ(29-0000)平群 (14).JPG
                光明寺跡へ

27光明寺跡(29-0000)平群 (16).JPG
                光明寺跡

29光明寺跡五輪石塔(29-0000)平群 (18).JPG
              光明寺跡五輪石塔

久しぶりに<金勝寺磨崖仏>を拝観し、<福貴寺>、<普門院跡>と、
これも探し廻る探索となる。諦めず探す、これがもくもく探索。

31金勝寺磨崖仏(29-0000)平群 (21).JPG
               金勝寺磨崖仏

33金勝寺墓地六地蔵(29-0000)平群 (23).JPG
              金勝寺墓地六地蔵

35福貴寺(29-0000)平群 (27).JPG
                 福貴寺

37普門院跡近辺(29-0000)平群 (29).JPG
               普門院跡近辺

39普門院跡(29-0000)平群 (28).JPG
                普門院跡

信貴山の麓へ。
<信貴山奥の院>への道は、脱輪するかと思いながらの運転。
ここは徒歩での道行を。
遅い昼食を喫茶店で。

41樽観音石仏(29-0000)平群 (30).JPG
                 樽観音

43樽観音(29-0000)平群 (31).JPG
         樽観音

45信貴山奥の院(29-0000)平群 (5).JPG
               信貴山奥の院

47笠石仏(29-0000)平群 (32).JPG
                 笠石仏

斑鳩町へ入る。
今回は法隆寺には寄らず、周辺のお寺と石仏を探索。
万歩計1万1千歩
もくもく探索満足度は90点

51極楽寺墓地地蔵石仏(29-0000)平群 (34).JPG
              極楽寺墓地地蔵石仏

52法隆寺五重塔(29-0000)平群 (35).JPG
               法隆寺五重塔

53法輪寺(29-0000)平群 (36).JPG
                 法輪寺

55仮宿庵(29-0000)平群 (37).JPG
                 仮宿庵