当尾の石仏 (京都府木津川市加茂町) 焼け仏

西小阪口の三叉路の真ん中の旧道を行って直ぐに、
浄瑠璃寺道丁石が建っている。
そこを右手に20mほどの左手に<焼け仏>がある。
かっては、辻堂と呼ばれたお堂に祀られていた石仏
であるが、火災でお堂が焼失し、石仏も大きな損傷を
受けている。
辻堂に祀られていたことから<ツジンドの焼け仏>
とも呼ばれている。

(1)所在地:京都府木津川市加茂町西小峰畑111近辺
(2)石仏の仏様:中央に阿弥陀如来、左に十一面観音、
         右に地蔵菩薩
(3)年代:1323年
(4)像高:中尊167cm
(5)拝観日:2020年2月21日

<京都府南部のお寺一覧>

1地図(26-0000)当尾地図3.jpg
                  地図

2阪口三叉路(26-67053)焼け仏 (1).JPG
                阪口三叉路

3説明板(26-67053)焼け仏 (2).JPG
                 説明板

4焼け仏(26-67053)焼け仏 (5).JPG
                 焼け仏

5(26-67053)焼け仏 (4).JPG

6周辺(26-67053)焼け仏 (6).JPG
                  周辺