醍醐寺 (京都市伏見区) 2020年の花見

快晴に恵まれた3月26日、マスクをしての<醍醐の花見>を今年も楽しんだ。
ここ例年と異なり、外国人をほとんど見かけない混雑のない花見
となった。
今回、お寺もコロナ対策を行っており、特に三宝院では堂内からの
拝観が通例であったが、今回は人の密度を避けるために、拝観が庭の
一部からも拝観でき、今までにない角度からの拝観となっていた。
また、三宝院庭園の撮影禁止が今回許可されており、私にとっては、
初めて撮影ができた満足感が大きい花見となった。
拝観順に従って花見を進める
山上の上醍醐は見送った。

<京都市伏見区のお寺一覧>

<霊宝館、護摩堂>
しだれ桜が満開で、例年より1週間早い。
なお、霊宝館は休館

01霊宝館前参道(26-0000)醍醐寺 (2).JPG
               霊宝館前参道

03霊宝館境内(26-0000)醍醐寺 (27).JPG
                霊宝館境内

05霊宝館しだれ桜古樹(26-0000)醍醐寺 (26).JPG
              霊宝館しだれ桜古樹

07(26-0000)醍醐寺 (5).JPG

08霊宝館紅しだれ桜(26-0000)醍醐寺 (28).JPG
              霊宝館紅しだれ桜

09護摩堂(26-0000)醍醐寺 (1).JPG
                 護摩堂

<仁王門、参道>
参道のソメイヨシノは3分咲き、例年より1週間早い。
人の混雑度を見る私の定点観測場所(仁王門から参道を見る)から
見ても、例年に比べて半分以下

11仁王門への参道(26-0000)醍醐寺 (8).JPG
               仁王門への参道

13仁王門(26-0000)醍醐寺 (9).JPG
                 仁王門

15仁王像(26-0000)醍醐寺 (10).JPG
                 仁王像

17仁王門から参道(26-0000)醍醐寺 (11).JPG
              仁王門からの参道

<金堂、五重塔>
五重塔の撮影が、今年は天気に恵まれ良好

21清瀧宮境内(26-0000)醍醐寺 (12).JPG
                清瀧宮境内

23五重塔(26-0000)醍醐寺  (1).JPG
                 五重塔

25五重塔(26-0000)醍醐寺  (2).JPG

27金堂(26-0000)醍醐寺 (19).JPG
                  金堂

<池、観音堂、弁天堂>
このエリアは桜より、紅葉が映えるが、桜の植樹も進んでいる。
醍醐寺では、山上の奥醍醐を含めて、桜の1万本植樹を進行中

31観音堂へ(26-0000)醍醐寺 (13).JPG
                観音堂へ

32鐘楼(26-0000)醍醐寺 (18).JPG
                  鐘楼

33観音堂(26-0000)醍醐寺 (15).JPG
                 観音堂

35観音堂(26-0000)醍醐寺 (17).JPG
                 観音堂

37弁天堂(26-0000)醍醐寺 (16).JPG
                 弁天堂

<三宝院>
門を入って右手のクローン桜の成長は順調
例年にない場所からの拝観に大満足
高い拝観料もこれで取り返す

41三宝院通用門(26-0000)醍醐寺 (7).JPG
                 通用門

42三宝院唐門(26-0000)醍醐寺 (20).JPG
                  唐門

43三宝院クローン桜(26-0000)醍醐寺 (21).JPG
                クローン桜

44玄関前しだれ桜古樹(26-0000)醍醐寺 (22).JPG
               玄関前しだれ桜

45公開された庭園一部(26-0000)醍醐寺 (37).JPG
              公開された庭園一部

46庭園(26-0000)醍醐寺 (38).JPG
                  庭園

47(26-0000)醍醐寺 (24).JPG

48表書院(26-0000)醍醐寺 (34).JPG
                 表書院