正法寺 (兵庫県三木市) 播磨西国三十三ヶ所霊場第23番

三木市西部の別所町にあって、県道360号に面して参道入口が
あり、参道を登ると竜宮門形式の正法寺山門が見える。
開創は649年と伝え、大寺として大いに栄えたが、1580年
の三木合戦で焼失している。
江戸時代に再興され再び盛り返したが、明治時代の廃仏毀釈により
衰退し、1973年の台風により本堂は倒壊し、現在も再建されて
いない。
本尊は大師堂に祀られている。
地名に残す古刹のお寺の歴史そのものを見る。

<兵庫県のお寺一覧>

(1)寺名:正法寺(しょうぼうじ)
(2)住所:兵庫県三木市別所町正法寺157
(3)山号:鉾礼山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:法道仙人 (6)開創:649年
(7)本尊:千手観音
(8)その他
1)播磨西国三十三ヶ所霊場第23番

1県道360号(28-2107)正法寺 (8).JPG
                参道入口前

2参道入口(28-2107)正法寺 (6).JPG
                参道入口

3参道(28-2107)正法寺 (15).JPG
                  参道

4山門(28-2107)正法寺 (16).JPG
                  山門

5全景(28-2107)正法寺 (14).JPG
                  全景

6(28-2107)正法寺 (10).JPG

7大師堂と庫裡(28-2107)正法寺 (3)大師堂.JPG
               大師堂と庫裡

8弘法大師像(28-2107)正法寺 (11).JPG
                弘法大師像