浄土寺 (岡山県岡山市中区) 重源上人ゆかりの寺

1181年平氏による南都焼討により壊滅的な打撃を受けた東大寺の
再建に向けて、その責任者として大勧進職を引き受けた俊乗坊重源上人
の、備前における本拠地が浄土寺といわれている。
上人は全国に、資材などの調達、資金調達などの拠点を設け、
政治的経済的に活動を行った。その内の一つが備前であり、その本拠が
浄土寺の地であったといわれている。
その遺跡が<大湯屋跡>として残されている。

浄土寺は、備前48ヶ寺の一つとして報恩大師によって開創されたと
伝える古刹である。
秋の紅葉風景は格別といわれている。

<岡山県のお寺一覧>

(1)寺名:浄土寺(じょうどじ)
(2)住所:岡山県岡山市中区湯迫699
(3)山号:湯迫山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:報恩大師 (6)開創:749年
(7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)備前48ヶ寺
2)境内:県指定史跡

1参道(33-1203)(00)浄土寺 (12).JPG
                  参道

2大湯屋跡(33-1203)(00)浄土寺 (10).JPG
                大湯屋跡

3山門(33-1203)(00)浄土寺 (8).JPG
                  山門

4本堂(33-1203)(00)浄土寺 (3).JPG
                  本堂

5伝教大師最澄像(33-1203)(00)浄土寺 (5).JPG
               伝教大師最澄像

6鐘楼(33-1203)(00)浄土寺 (4).JPG
                  鐘楼