称名寺 (福井県福井市折立町)

折立称名寺と呼ばれる称名寺は足羽川上流の川沿いにあって、 豪壮な楼門形式の山門が目を惹く。 称名寺は、源頼朝の重臣・佐々木盛綱の子である光実が折立に草庵を 建立したのが始まりと伝えられ、その後子孫が北坊、南坊に分かれて 堂宇を建て、対立するようになった。 その後、南坊は三国町へ移り、黒目称名寺とよばれ、北坊は折立称名寺 と呼…

続きを読むread more