富山県のお寺

高岡市の瑞龍寺は富山県建造物の中で唯一の国宝建造物であり、 その独特の風景はヨーロッパのお城を思わせるものがある。 また、南砺市の瑞泉寺は井波彫刻の原点であり、浄土真宗の拠点でも あった。 十三寺(入善町):北陸三十三ヶ所観音霊場第32番 法福寺(黒部市):明日の大桜 全龍寺(黒部市):天井絵 長安寺(黒部市):山門と…

続きを読むread more

金光院 (富山県高岡市)

加賀藩の重臣<加賀八家>の中で重きを置き、3万3千石を擁した 長氏の初代ともいえる家老長連龍(おさつらたつ)が、前田利家に 仕える前の1578年、1年間滞在したのが金光院といわれ、それ以降、 金光院住職と長氏は深い繋がりを持ったといわれている。 金光院は、717年に開創された二上山養老寺の塔頭で、養老寺の 法灯を継いでいる…

続きを読むread more