東光寺 (岐阜県揖斐川町若松)

若松地区にあって、集落の最奥に小高い山の麓にポツンと建つ のが東光寺である。揖斐川町小野にも東光寺があることから 若松東光寺ともいわれている。 瀟洒な伽藍であるが、山を借景にした風景は見応えがある。 由緒については不詳であるが、本尊薬師如来坐像は藤原時代の 造像で、秀逸の像として岐阜県の文化財に指定されている。 <岐阜県…

続きを読むread more

称名寺 (福井県福井市折立町)

折立称名寺と呼ばれる称名寺は足羽川上流の川沿いにあって、 豪壮な楼門形式の山門が目を惹く。 称名寺は、源頼朝の重臣・佐々木盛綱の子である光実が折立に草庵を 建立したのが始まりと伝えられ、その後子孫が北坊、南坊に分かれて 堂宇を建て、対立するようになった。 その後、南坊は三国町へ移り、黒目称名寺とよばれ、北坊は折立称名寺 と呼…

続きを読むread more

医王院 (富山県小矢部市) 埴生の郷

木曾義仲の俱利伽羅源平の戦いで、俱利伽羅峠の埴生入口として 知られ、埴生護国八幡宮で戦勝祈願し勝利した義仲ゆかりの郷 として伝承されている埴生の郷に建つのが医王院である。 医王院は旧北陸街道に面し、裏には6世紀の前方後円墳・若宮古墳 があり、古墳からの眺望もよい。                  埴生口  …

続きを読むread more

光明寺 (三重県伊賀市古山界外)

旧名張街道沿いに、小高い山麓に建つ光明寺へ。 室町時代の灯籠形の地蔵石幢と地藏石像を拝観すべく訪れた。 地蔵石像には天文23年(1554年)の銘があり、地蔵石幢 の地蔵との類似からほぼ同時期の作と推定されている。 石幢の六面に地蔵尊が彫られた六地蔵であり、中世に多く 見られる。                   全…

続きを読むread more

永安寺 (愛知県安城市) 雲竜の松

旧東海道沿いの浜屋町(旧大浜茶屋村)に建つ永安寺の<雲竜の松> は、その姿形と樹齢から愛知県の天然記念物に指定されている。 それほど広くない境内一杯に枝が伸び、その樹勢は旺盛である。 推定樹齢は300年以上といわれ、その年輪はお寺の歴史を刻んで いる。                 雲竜の松        …

続きを読むread more

岩松寺 (静岡県袋井市) 遠江三十三観音霊場第6番

袋井市街地の東、観音山麓にあって杉木立の参道を登ると岩松寺 が建っている。 岩松寺は725年の開創と伝えるが詳細は不詳である。 しかし、平安時代後期には存在したと考えられる古刹である。 江戸時代初期に岩松寺として再興されたが、寛文年間(1661~72年) の火災で全てを失くしている。 再建後、大工棟梁に棟上げ式次第の伝授を行…

続きを読むread more

専福寺 (岐阜県羽島市竹鼻町)

竹鼻町の竹鼻別院の前身は御坊専福寺で、1886年真宗大谷派の別院 となった。 専福寺の名が消えるのを惜しんで、同時に新たに現在の専福寺を開創 している。 御坊専福寺は、1235年親鸞聖人が関東から京へ帰る途次に、 現在の笠松町の住人が聖人に帰依し、現在の岐南町に草庵を開創した のが始まりといわれ、真宗大谷派にとっても親鸞聖人…

続きを読むread more

古川寺 (長野県朝日村) 厄除け観音

松本盆地南西部に位置する朝日村にあって、平安時代後期の開創と伝わる 古川寺は、厄除け観音のお寺として信仰篤く、1月の初縁日には数千人の 参拝者で賑わうとか。 古刹の風景に加え、四季折々の花木が彩りを添える風景が心を癒すお寺で ある。特に、朝日村の花となっている<カタクリ>の群生地があり、5月頃 には2万株の花が見事だとか。 …

続きを読むread more

上野別堂 (福井県鯖江市) 親鸞聖人ゆかりの堂

1207年承元の法難によって越後配流となった親鸞聖人が、 鯖江の地に入った折に、地元の豪族波多野景之が自らの別荘に 聖人を招き、教えを受けた。 その後、この別荘を念仏道場とし、聖人に帰依した。 聖人が車のついた輿に乗っていたことから<車の道場>と呼んで 親鸞聖人旧蹟としている。 現在は、真宗誠照寺派本山・誠照寺の別堂とし…

続きを読むread more

勝光寺 (石川県小松市) 小松真宗六ヶ寺

本願寺5世綽如上人は、1384年北陸布教のため、現在の南砺市杉谷に 草庵を結び、1385年、現在の加賀市弓波に勝光寺を開創したと 伝えられている。 更に、綽如上人は1390年に井波瑞泉寺を開創し、本願寺の教線を 北陸に根付く端緒とした。 勝光寺は加賀打越に移転し、江戸時代初期に本願寺が東西に分かれた 後、小松に東本願寺の…

続きを読むread more

金光院 (富山県高岡市)

加賀藩の重臣<加賀八家>の中で重きを置き、3万3千石を擁した 長氏の初代ともいえる家老長連龍(おさつらたつ)が、前田利家に 仕える前の1578年、1年間滞在したのが金光院といわれ、それ以降、 金光院住職と長氏は深い繋がりを持ったといわれている。 金光院は、717年に開創された二上山養老寺の塔頭で、養老寺の 法灯を継いでいる…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年1月19日 大阪豊能町の石仏

新名神箕面とどろみICを9時過ぎに出る。 今日は大阪府北部の豊能町(とよのちょう)の石仏を探索する。 豊能町には多くの古い石仏が残り、町をあげての資産保護 に努め、道路標識や説明板が整備されている。 石仏巡りには、これほど有難いことはない。                国道423号             …

続きを読むread more

龍松寺 (北海道札幌市豊平区)

豊平川を渡り、月寒通を南下すると、通りに面して豪壮な 仁王門が建つ龍松寺がある。 仁王像も巨大で、北海道でも最大級の仁王像といわれ、月寒通 のシンボル的存在と感じる。 龍松寺は、明治33年(1900年)に中央寺(札幌市中央区) の布教拡大の一環として開創されている。 <北海道東北のお寺一覧> (1)寺名:龍松寺(り…

続きを読むread more

慈眼寺 (兵庫県伊丹市鴻池)

伊丹市鴻池は鴻池財閥発祥の地であり、伊丹清酒発症の地でもある。 その鴻池財閥の始祖・鴻池新六は、戦国時代の武将で知られる 山中鹿介の子といわれ(諸説あり)、鴻池の地に逃れ、清酒の醸造を 始めたのが鴻池財閥の始まりといわれている。 その新六の墓が慈眼寺にある。 慈眼寺の開創は不詳であるが、本尊の釈迦如来坐像は1195年の …

続きを読むread more

完龍院 (鳥取県鳥取市)

鳥取市街地の東部にあって、源太夫山の麓に本慈院、芳心寺と 並んで建つのが完龍院である。 完龍院は芳心寺の塔頭であるが、芳心寺より早い開創といわれる。 山門は3ヶ寺共通で、境内右手に完龍院、真ん中奥に芳心寺、 左手に本慈院となっている。 <鳥取県のお寺一覧> (1)寺名:完龍院(かんりゅういん) (2)住所:鳥取県鳥…

続きを読むread more

安養院 (熊本県熊本市中央区)

熊本城の東に位置する坪井地区には、お寺が多く建つことから 散策してみた。 その中で、アーチ形の山門に惹かれて参拝してみた。 縁起などは不詳で、お寺の風景を語るものは見つからなかった。 すぐ隣には、千体仏報恩寺がある。 <熊本県のお寺一覧> (1)寺名:安養院(あんよういん) (2)住所:熊本県熊本市中央区坪井3-8…

続きを読むread more

興願寺 (愛媛県四国中央市) 三重塔

四国中央市の市街地にあって、伊予三島港に近い住宅地に三重塔が 建っている。それも三島幼稚園の園地に建っている。 この幼稚園は興願寺の経営で、客殿を園舎として1921年開設 されている。 三重塔は、1684年徳島県阿南市の太龍寺に建立されたもので、 1953~59年に移築され、現在は幼稚園と同居し、園児に 囲まれて親しまれてい…

続きを読むread more

聖通寺 (香川県宇多津町)

瀬戸大橋を渡り切り、坂出北ICを出て、聖通寺山(117m)へ登り、 公園から瀬戸大橋の眺望を堪能した後に、南へと下った麓に建つ 聖通寺を訪れた。                 聖通寺山方向              聖通寺山から瀬戸大橋                  聖通寺前 聖通寺は天平年間(…

続きを読むread more

寿量寺 (徳島県徳島市)

眉山東麓の寺町に建つ寿量寺は、徳島藩重臣の樋口正長が藩主から 寺地を授かり1616年に開創している。 樋口正長は大坂冬の陣で功績をあげ、徳川秀忠から感状を受けており、 徳島藩においても重きをなしたといわれている。 寺町にあって、寿量寺はソテツ寺ともいわれるほどに、境内のソテツには 由緒があるらしい。 <徳島県のお寺一覧>…

続きを読むread more

善逝寺 (広島県三次市吉舎町)南天山城主の氏寺

三次市南東部に位置し、尾道道吉舎(きさ)ICがある吉舎町にあって、 町の市街地西部にある小高い南天山には、14世紀中頃に和智資実が 築城した南天山城の城跡がある。 その和智資実が築城と同時に、西麓に氏寺として開創したのが善逝寺である。 戦国時代に毛利氏の侵攻によって、南天山城は落城し、和智氏も没落した。 本尊の釈迦如来坐像…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2020年1月11日 稲むらの火の町

阪和道湯浅ICを8時半過ぎに出る。 2020年最初の探索になるこの日は、快晴に恵まれた 絶好の一日となった。 <稲むらの火>の町広川町(ひろがわちょう)から海岸沿いに 御坊市へと、海とお寺の風景を満喫する。                   広川港                 稲むら         …

続きを読むread more

法万寺 (岡山県岡山市北区)

法万寺が建つ岡山市北区原地区は、オリンピックで活躍した 有森裕子さんの郷里で、お寺の近くに有森裕子資料館が ある。 法万寺が所蔵する江戸時代初期の古図によると、笠井山西麓 にあった堂屋敷廃寺、おそらく妙塔寺を起源とするのが 法万寺といわれている。 少し南にある法界院も、同じ妙塔寺を起源とするといわれ、 天平勝宝年間(749…

続きを読むread more

大善寺 (鳥取県鳥取市用瀬町)

鳥取道用瀬ICを出て、千代川(せんだいがわ)沿いに、国道482号を 上流へ、直ぐに<流し雛の里>の用瀬に入る。 旧街道へ入ると、用瀬番所跡碑が建ち、そこには芭蕉塚があるではないか。 芭蕉は鳥取へ来たことはないが、芭蕉百回忌を経た1797年に有志が 建立した句碑で、 <夏来ても多ゞ一つ葉乃ひとつかな>         …

続きを読むread more

帯雲寺 (兵庫県豊岡市)

円山川右岸にあって、玄武洞より少し上流の山腹に、 ひっそりと建つのが帯雲寺である。 帯雲寺は、応永年間(1394~1428年)の開創で、 但馬における曹洞宗寺院の中で、最も古いお寺といわれている。 但馬への曹洞宗流入は、若狭から海を経て、円山川を遡って 養父市にまで及んだと考えられている。 本尊の十一面観音は、平安時代中…

続きを読むread more

遊仙寺 (大阪府豊能町) 寄せ墓

<石の文化財>として知られる豊能町の<遊仙寺寄せ墓>、 <余野十三仏>を探索すべく、新名神箕面とどろみICから、 国道423号を7kmほど北上し、切畑口を県道109号へ 右折して直ぐの左手、小高い所に遊仙寺が建つ。                 国道423号                山門から参道を …

続きを読むread more

十如寺 (京都市上京区)

北野天満宮への御前通に面し、平安京の北限・一条通下ルに建つ 十如寺は、1313年日像が開創した法華堂が始まりと 伝えられている。 1293年日蓮聖人の遺命を受けて、京都へ上り布教に努め、 その足掛かりを築いているが、法華堂はその本拠として 重要な役割を果たしたといわれている。 明治45年(1912年)には、広大な境内に撮影所…

続きを読むread more

真明寺 (滋賀県湖南市石部) 芭蕉句碑

旧東海道石部宿にあって、東海道から路地を入ったところに 真明寺は建つ。 1597年、地元の有力武士青木氏の意を受けて開創された と伝え、山号には青木山と残している。 1685年、芭蕉が<野ざらし紀行>で石部に立ち寄った際に 詠んだ句<つつじいけてその蔭に干鱈さく女>を、地元の 社中が、1796年句碑として真明寺に建てている。…

続きを読むread more

泉養寺 (和歌山県田辺市)

田辺市中芳養(なかはや)地区にあって、梅林の一角に建つのが 泉養寺である。 泉養寺の開創は天正年間(1573~92年)と伝えられている。 熊野古道が世界遺産になったのを契機として、和歌山県南部の 33ヶ所の神社・寺院で構成される<熊野曼陀羅33ヶ所霊場> が設けられ、泉養寺は霊場第4番となっている。 客仏として、明治時代の神…

続きを読むread more

正定寺 (奈良県宇陀市室生)

室生地区の北部に位置する向渕(むこうぢ)集落には、スズラン群落 など自然の恵みに溢れる里であるが、一つの伝承が残る里でもある。 それは、親鸞聖人の生母・吉光御前が晩年、向渕で隠棲したと伝わる 伝承である。 通説では、聖人若かりし頃に亡くなっている。 この伝承がある地に、本願寺三世・覚如の嫡男・存覚が1348年 開創したと伝わ…

続きを読むread more

隆国寺 (兵庫県豊岡市日高町) 関西花の寺霊場第6番

日高町荒川にあって、広大な境内には四季折々の花木が 植えられ、特に牡丹が広く知られる<関西花の寺>である。 古い石垣構えの総門を入ると、樹木に覆われた感の楼門形式の 山門が目に飛び込んでくる。 山門から本堂、境内と花木の間を巡ると、これぞ<もくもく探索> の醍醐味である。 訪れた時期が、牡丹が終わり、あじさいの時期であったが…

続きを読むread more

壺井寺 (大阪府柏原市) 避雷観音

近鉄大阪線・法善寺駅西側に建つ壺井寺は、平安時代開創の 大寺であった法禅寺(地名はこの寺名からの由来)の跡地に、 1617年開創されたと伝えている。 観音堂の本尊・銅造観音は雷除けの観音として信仰され、 避雷観音と呼ばれている。 この観音は白鳳時代の作で、正式名は銅造菩薩立像であるが、 久しく観音として祀られている。 …

続きを読むread more

京都市北区・上京区のお寺一覧

<京都市北区> 金閣寺(鹿苑寺):世界遺産 大徳寺:臨済宗大徳寺派大本山  <大徳寺塔頭>  興臨院:加賀藩主前田家の菩提寺  高桐院:細川三斎とガラシャ夫人の菩提寺 通常公開  大仙院:大徳寺北派本庵  通常公開  芳春院:加賀藩主前田利家の妻まつの菩提寺  龍源院:大徳寺南派本庵 通常公開  真珠庵:一休禅師の…

続きを読むread more

招善寺 (京都市北区)

北区の小高い所に建つ招善寺には、いくつかのキーワードがある。 御土居、時代劇ロケ地、ハクモクレン、サツキ庭園、小さな紅葉風景と 多彩な風景を持っている。 1591年豊臣秀吉が築いた御土居の遺構が残されている<大宮御土居> の傍に、元禄年間(1688~1704年)開創されたのが招善寺で、 御土居の守り寺ともいわれている。 サツ…

続きを読むread more

最光寺(滋賀県守山市)

1971年から始まった野洲川改修工事において、川底から縄文~ 平安時代の複合遺跡服部遺跡が発見され、日本有数の複合遺跡と して注目された。 その遺跡の右岸に位置する服部町の中心部に、鐘楼・太鼓楼を 備えた伽藍を持つのが最光寺である。 最光寺は、15世紀後半に天台宗のお寺として開創されたと 伝えられている。 <滋賀県湖南…

続きを読むread more