川尻向井山地蔵石仏 (大阪府豊能町)

豊能町は古い石仏・石塔など石造物の宝庫で、所在を示す標識や
説明板が整備され、石造物巡りを推進している。
国道423号の豊能町・金石橋から、府道4号を箕面公園方向に
入って、200mほどの右道路脇に<川尻向井山地蔵石仏>と
<川尻向井山宝篋印塔>が建っている。

1府道4号箕面方面(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (3).JPG
              府道4号箕面方面

2府道4号金石橋方面(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (1).JPG
              府道4号金石橋方面

3地蔵石仏と宝篋印塔(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (2).JPG
              地蔵石仏と宝篋印塔

地蔵石仏は花崗岩製の舟形石に、厚肉彫りされた像高46cmの地蔵で、
南北朝時代の造像と推定されている。
隣に建つ川尻向井山宝篋印塔は1722年に建立された、現世安穏と
後世菩提を祈願した石塔である。

<大阪府のお寺一覧>

(1)川尻向井山地蔵石仏
  1)所在地:大阪府豊能町川尻99-1近く
  2)南北朝時代の造像と推定
  3)像高46cm
  4)少し損傷がある
  5)訪問日:2020年1月19日
(2)川尻向井山宝篋印塔
  1)1722年建立
  2)高さ210cm
  3)江戸時代の典型的な形

4地蔵石仏(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (5).JPG
                地蔵石仏

5(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (6).JPG

6地蔵石仏説明(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (8).JPG
              地蔵石仏説明板

7宝篋印塔(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (9).JPG
                宝篋印塔

8宝篋印塔説明(27-0208-01)川尻向井山地蔵石仏 (7).JPG
              宝篋印塔説明板