念仏寺 (三重県尾鷲市)

尾鷲市街地の中心部に建つ念仏寺は、東紀州(紀北町~紀宝町の
熊野灘に面する地域)において数少ない浄土宗のお寺で、
徳本上人がここを拠点に念仏を布教したといわれているが、曹洞宗の
お寺がほとんどを占めている。
念仏寺は1622年の開創といわれ、尾鷲では唯一の浄土宗のお寺
である。

<三重県のお寺一覧>

(1)寺名:念仏寺(ねんぶつじ)
(2)住所:三重県尾鷲市朝日町13-11
(3)山号:五劫山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:弁誉 (6)開創:1622年
(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀三尊像(画):市指定文化財 鎌倉時代末期

1外観(24-0000)念仏寺 (1).JPG
                  外観

2山門(24-0000)念仏寺 (3).JPG
                  山門

3庭園(24-0000)念仏寺 (5).JPG
                  庭園

4(24-0000)念仏寺 (2).JPG

5本堂(24-0000)念仏寺 (4).JPG
                  本堂

6(24-0000)念仏寺 (6).JPG