古川寺 (長野県朝日村) 厄除け観音

松本盆地南西部に位置する朝日村にあって、平安時代後期の開創と伝わる
古川寺は、厄除け観音のお寺として信仰篤く、1月の初縁日には数千人の
参拝者で賑わうとか。
古刹の風景に加え、四季折々の花木が彩りを添える風景が心を癒すお寺で
ある。特に、朝日村の花となっている<カタクリ>の群生地があり、5月頃
には2万株の花が見事だとか。
是非その季節に再訪したいものだ。

古川寺は、永長年間(1096~97年)に、背後1500mの所に建つ
清水寺の里寺として開創されたと伝わり、永禄年間(1558~70年)に
再興されたという。
1872年には、短期間ではあったが、拡智学校が置かれた。

<長野県のお寺一覧>

(1)寺名:古川寺(こせんじ)
(2)住所:長野県朝日村古見1146
(3)山号:普門山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開創:1096年頃 (6)本尊:大日如来
(7)その他
1)観音堂:村指定文化財 17世紀後半
2)聖観音立像:村指定文化財 鎌倉時代 像高97cm
3)カタクリ:村指定天然記念物
4)拡智学校跡:村指定史跡
5)不動明王立像、阿弥陀如来坐像など4件:村指定文化財

01参道入口(20-4301)古川寺 (1).JPG
                参道入口

02しだれ桜(20-4301)古川寺 (3).JPG
                しだれ桜

03弘法大師像(20-4301)古川寺 (5).JPG
               弘法大師像

04閻魔王像(20-4301)古川寺 (10).JPG
                閻魔王像

05境内(20-4301)古川寺 (33).JPG
                  境内

06境内(20-4301)古川寺 (37).JPG
                  境内

07鐘楼門(20-4301)古川寺 (22).JPG
                 鐘楼門

08本堂(20-4301)古川寺 (11).JPG
                  本堂

09本堂(20-4301)古川寺 (26).JPG
                  本堂

10観音堂(20-4301)古川寺 (35).JPG
                 観音堂

11観音堂(20-4301)古川寺 (28).JPG
                 観音堂

12地蔵堂(20-4301)古川寺 (29).JPG
                 地蔵堂

13境内から(20-4301)古川寺 (20).JPG
                境内から