上波田阿弥陀堂・田村堂 (長野県松本市)

松本市西部にあって、梓川南岸の段丘上に位置する上波田地区は、 室町時代は城下町として、江戸時代には若澤寺の門前町として 栄えたといわれている。 その若澤寺は、奈良時代に開創されたと伝えられ、信濃日光と 呼ばれた大寺であったが、明治4年(1871年)の廃仏毀釈 によって廃寺となり、その仏像や堂宇は四散したり、破棄された。 その…

続きを読むread more