千里観音 (和歌山県みなべ町) 千里王子ゆかりの観音

熊野古道(紀伊路)の一部で、ウミガメの産卵地として知られる 千里の浜には、熊野九十九王子の一つ千里王子があった。 延暦年間(782~806年)に如意輪観音が祀られ、神仏習合の 千里王子であったが、15世紀小栗判官によって祀られた馬頭観音 が本尊となっている。明治時代の神仏分離により、観音は千里王子の 裏手の小高い所に、観音堂が…

続きを読むread more

帝釈寺 (奈良県奈良市下深川)

奈良市に合併した旧都祁村を南北に通る、県道127号沿いの 下深川集落に建つ帝釈寺は、中世において、興福寺大乗院の 荘園であった下深川を、大乗院の坊人として司どっていた 深川城主深川氏の菩提寺として開創されたといわれている。 帝釈寺の裏山に深川城があった。 寺名から本尊は帝釈天と想像したが、十一面観音が本尊として 祀られている…

続きを読むread more

山路寺 (兵庫県養父市) 片山楊谷の障壁画

兵庫県但馬地域での、障壁画で知られるお寺と言えば、 円山応挙障壁画の大乗寺(香美町)が真っ先にあがる。 その円山応挙に一目置かれた、片山楊谷の最晩年となる 障壁画がある山路寺が、但馬では2番目にあがるであろう。 片山楊谷は、江戸時代後期の鳥取藩のお抱え絵師で、 円山応挙も一目置く絵師として活躍した。 山路寺の障壁画は兵庫県の…

続きを読むread more

大阪市のお寺 (大阪府)

大阪市のお寺一覧 崇禅寺(東淀川区):細川ガラシャの墓 専念寺(東淀川区):3体の仏像 瑞光寺(東淀川区):雪鯨橋 宝龍寺(旭区):クスの木 太融寺(北区):光源氏モデルの源融ゆかりの寺 長柄国分寺(北区):聖武天皇詔の国分寺 鶴満寺(北区):朝鮮鐘 祐泉寺(北区):造幣局の通り抜けの傍 浄蓮寺(北区):滝川地蔵尊…

続きを読むread more

瑞光寺 (大阪市北区)

大阪天満宮を中心とする天満地区に、豊臣秀吉はお寺を集め寺町の 形成を計画し、江戸時代初期に完成した天満寺町は、天神橋筋から 東を東寺町、西を西寺町と呼んでいる。 この天満寺町は、東西に1.5kmの寺町通が通じ、北側にお寺が 40弱連なる寺町で、その東寺町の一部が現在の町名である同心 がある。 この同心は、江戸時代に同心の屋敷…

続きを読むread more

乗願寺 (京都市下京区)

寺町通に建つ乗願寺は、加藤清正の重臣で加藤家三傑といわれた 森本儀太夫(一久)の菩提寺である。 儀太夫は京都山崎(現在の大山崎町)の出身で、縁あって加藤清正 に仕え、生涯清正を支えた人物である。 1651年亡くなると乗願寺に葬られた。 また、次男の右近太夫一房はアンコールワットに渡り、墨書(落書き) を残した武士として知られ…

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2019年12月25日 大阪箕面~池田

新名神・箕面とどろみICを9時半に出る。 新名神が開通し、奥箕面の止々呂美へのアクセスが楽になり、 快晴に恵まれて奥箕面~池田市と未知のお寺巡りへ。                奥箕面余野川               慈恩寺寒山寺の鐘                 池田城跡       …

続きを読むread more

常楽院 (滋賀県甲賀市甲賀町) 佐治城主の菩提寺

中世、甲賀において一大勢力を有した佐治城主・佐治氏の菩提寺 が常楽院である。 佐治氏は平安時代末期に平業国が佐治郷に入り、佐治氏を名乗った のが始まりといわれ、戦国時代には甲賀二十一家の武士団の有力な 一団となったが、豊臣秀吉の時代に排斥に遭い、佐治城落城と共に、 佐治氏は滅んだ。 常楽院は佐治氏によって、1486年菩提寺と…

続きを読むread more

堂の山薬師堂 (三重県志摩市)

志摩半島東端の大王崎に位置する波切にあって、桂昌寺前の 小高い所に、堂の山薬師堂は建つ。 狭い境内には、薬師堂、地蔵堂などが建ち、<薬師如来>、 <汗かき地蔵>、<思案地蔵>などが祀られている。 薬師如来は波切村人の氏仏で、信仰の象徴となっており、 鎌倉時代初期の造像である。 汗かき地蔵は、天文年間(1532~55年)に漁師…

続きを読むread more

香積寺 (岐阜県関市)

関市街地のど真ん中に位置する安桜山(あさくらやま)(152m)の 頂上には、かって安桜山城(関城)があった。 一説では、1387年、美濃守護・土岐氏の家臣・村山若狭守が 築城し、1528年美濃小守護代・長井長弘が大幅な改修をしたと いわれている。 その村山若狭守が、築城と同時に西麓に智勝寺を菩提寺として開創した のが香積寺の…

続きを読むread more

常声寺 (三重県尾鷲市)

現在、尾鷲駅南東の中村山公園にかってあった、中村山城の築城主 の仲新八郎が、菩提寺として永禄年間(1558~70年)に 開創したのが常声寺と伝えられている。 常声寺を訪れたのは、境内に安置されている珍しい石造毘沙門天像で、 1566年清順上人供養のために建立されたものである。 素朴な姿が印象に残った。 常声寺は、天狗倉山…

続きを読むread more

専光寺 (愛知県刈谷市) クスノキ

刈谷市の<市の木>はクスノキで、市域にはクスノキの巨木が 数多くあるが、市指定天然記念物に指定された唯一のクスノキが 専光寺の巨木である。 蓮如上人が専光寺を訪れた時の、上人手植えのクスノキと伝承 され、樹齢も550年以上といわれている。 樹高は18m、幹回りは6m以上と堂々とした姿で、枝が地上 2mより下から放射状に広がり…

続きを読むread more

舎衛寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜市の北、城ヶ峰の山麓に位置する城田寺地区にあって、 <船田合戦終焉之地>碑が建つのが舎衛寺で、隣に白山神社 があり、周囲は柿畑である。 船田合戦とは、  美濃守護・土岐成頼の後継者を巡る合戦で、成頼が舎衛寺に 隠棲したが大きな合戦となり、城田寺の地で合戦は終焉している。 舎衛寺は、942年天から舎衛国と書かれた旗が降…

続きを読むread more

照泉寺 (三重県南伊勢町奈屋浦)

熊野灘の奈屋浦漁港の小高い丘に建つ照泉寺には、マグロの大漁に 村人が救われたことに感謝した供養碑が2基祀られている。 これは、1867年マグロの大群3千頭が奈屋浦に、さらに 1880年同じく2千余頭が奈屋浦に入り込み、その漁獲によって 村人が救われたと、それぞれ供養塔を建て<支毘大命神>として 祀っている。 本堂裏山に祀られ…

続きを読むread more

慶昌院 (愛知県瀬戸市)

瀬戸市街地に広大な境内を有する慶昌院は、松原広長が今村城を築城する際に、 城地の守護を祈願し、1473年八王寺を開創したのが始まりと 伝えられている。 松原広長は城を築くと、瀬戸に勢力を広めたが、1482年長江利景との 戦いに敗れ、今村城も廃城となっている。 城跡には八王子神社(慶昌院境内北西に隣接)が建っている。 慶昌…

続きを読むread more

慈福寺 (岐阜県山県市)

岐阜市の北部に隣接する岐阜県山県市(やまがたし)は、 2003年伊自良村など3町村が合併して発足した市で、 あまり知られていないが、伊自良湖など自然と農業を 基盤とする人口2万7千人の市である。 その伊自良地区の藤倉集落にひっそりと建つのが慈福寺で、 民家風の建物である。 ここには、鎌倉時代末期の聖観音像が残されている。 …

続きを読むread more

もくもく探索日誌 2019年12月15日 三重県紀北町~熊野市

紀勢道紀伊長島ICを8時前に出る。 好天に恵まれ、熊野灘沿いの景色を眺めながら 紀北町~尾鷲市~熊野市のお寺巡りとなる。 漁港の山麓に建つお寺が多く、境内からの風景を 満喫する探索となる。                 紀北町山里                 紀伊長島港            …

続きを読むread more

円正寺 (福井県越前市粟田部町)

越前市南東部にあって、三里山の南東部に展開する粟田部町は、 1500年ほど前の継体天皇が若かりし頃、滞在されたと伝承 される町で、この由緒ある町には、岡太神社(おかふと)や 花筐公園があり、歴史を漂わせる町である。 訪れた時は神社の例大祭日で、出店も並び賑わっていた。 岡太神社参道の西側には、円正寺、粟生寺など5ヶ寺が集中して…

続きを読むread more

光久寺 (富山県氷見市)茶庭

氷見市郊外の飯久保地区にあって、小高い丘陵下に<茶庭>を持つ 光久寺が建つ。 茶室の庭園として宝永年間(1704~11年)に、加賀藩に仕えた 庭師が作庭し、現在は富山県の名勝として指定されている。 書院から御堂へと回廊を設け、泉水・石組み・植栽などを組み合わせ、 浄土曼荼羅を表現したといわれている。 光久寺は、740年頃…

続きを読むread more

龍光寺 (三重県紀宝町)

三重県最南端に位置し、熊野川を挟んで和歌山県新宮市と隣接する 紀宝町は、かっては紀州藩に属し、その支藩新宮藩の領土であった。 熊野川河口近くの左岸に建つのが龍光寺である。 龍光寺には新宮藩の与力衆の墓があり、まさしく新宮の地域といえる。 龍光寺の開創は不詳であるが、熊野西国三十三ヶ所霊場の札所で、 それなりの由緒を持つので…

続きを読むread more

全隆寺 (名古屋市熱田区)

伏見通神宮西交差点の北西角に、山門を閉じて建つのが全隆寺である。 お寺は1596年か、一説には元和年間(1615~24年)に 永平寺21世海厳宗奕和尚が、尾張最初の永平寺直末寺として 開創したと伝えられる由緒あるお寺である。 現在は、永大供養の納骨堂(鳳凰殿)として宣伝する都会の お寺である。 <名古屋市のお寺一覧> …

続きを読むread more

法泉寺 (静岡県掛川市) 法泉寺温泉

掛川市北部の山麓にあって、法泉寺温泉に建つのが法泉寺である。 1440年法泉寺を開創した春屋和尚が、霊夢の仙人に告げられた 地に、杖を差すと霊泉が湧き出したと伝承されるのが、法泉寺温泉 の始まりといわれており、美人の湯として掛川のスポットとなっている。 温泉宿が2軒あり、静寂の温泉として人気があるらしい。 お寺も整備され、…

続きを読むread more

弥勒寺 (岐阜県本巣市) 船来山古墳群

全国でも有数の古墳群といわれる船来山古墳群が連なる船来山、 その中央部山麓に建つのが弥勒寺である。 船来山古墳群は、数百~千基の古墳が残り、国の史跡に指定 されている。 弥勒寺の墓地もその内の一つである。 弥勒寺は、7世紀後半に開創されたお寺が起源といわれ、 16世紀末に再興されたのが弥勒寺である。 周囲は富有柿の柿畑…

続きを読むread more

上波田阿弥陀堂・田村堂 (長野県松本市)

松本市西部にあって、梓川南岸の段丘上に位置する上波田地区は、 室町時代は城下町として、江戸時代には若澤寺の門前町として 栄えたといわれている。 その若澤寺は、奈良時代に開創されたと伝えられ、信濃日光と 呼ばれた大寺であったが、明治4年(1871年)の廃仏毀釈 によって廃寺となり、その仏像や堂宇は四散したり、破棄された。 その…

続きを読むread more

福智院 (福井県敦賀市) こけら経

敦賀市南部の公文名集落に、黒松が目印となる福智院が 建つが、このお寺には<こけら経(ぎょう)>が残されている。 これは、杮葺屋根に使われる杮(ヒノキの細片)と同様の 細片に経文を墨書したもので、福智院のそれは1498年銘 の入った束となったこけら経である。 その由来は不詳であるが、敦賀市の文化財に指定されている。 福智院…

続きを読むread more

香林寺 (石川県金沢市) 願掛け寺

金沢寺町寺院群の中で、入山料の必要なお寺は<忍者寺>と 呼ばれる妙立寺など数少ないが、その内の一寺が香林寺である。 それだけ観光客が多いお寺なのであろう。 香林寺は<願掛け寺>と呼ばれ、本堂裏の庭園に設けられた 幸福の道を廻って、自分の干支像にタスキを掛けて願い事を すれば叶うとしてパワースポットとなっているらしい。 また、…

続きを読むread more

金城寺 (富山県南砺市) 井波城跡

南砺市井波にあって、名刹瑞泉寺の隣に井波城跡が残るが、 元々この地に瑞泉寺が1390年開創し、1484年城塞化し、 城として一向一揆の本拠となった。 1585年廃城となり、その後瑞泉寺は現在地に再建され、 城跡には井波八幡宮や金城寺が開創されている。 金城寺の開創は不詳である。 周囲は古城公園として整備され、瑞泉寺起源の<臼…

続きを読むread more

北海寺 (北海道札幌市)

南3条東4に、赤い4本柱に支えられた瀟洒な鐘楼が北海寺の 目安である。 お寺は明治23年(1890年)に新潟県の商人によって建立され、 札幌では古い部類に属する。 現在の本堂は大正13年(1924年)再建され、木造本堂として、 札幌では古い本堂で、飾り彫刻も凝ったものである。 <北海道東北のお寺> (1)寺名:北海…

続きを読むread more

自性院 (岡山県赤磐市) 日野富子の墓

室町幕府8代将軍足利義政の正室・日野富子は応仁の乱(1467~78年) が勃発すると、一時現在の赤磐市に避難したと伝承されている。 1483年第9代将軍義尚と対立し、この地に隠遁し1490年 自性院を開創したと伝承され、富子の墓といわれる宝篋印塔が 残されている。 通説では富子は京都を離れたことはない。 <岡山県のお寺一…

続きを読むread more

隣海院 (鳥取県岩美町) 東浜海岸

岩美町陸上(くがみ)地区に、1500mの砂浜が広がる東浜海岸 がある。 2017年6月から運行を開始した豪華列車<瑞風>が停車する 東浜駅の目の前に広がる海岸でもある。 夏には海水浴場としても人気が高く、近年その景色と共に訪れる 観光客も増えているとか。 そんな海岸集落の中に建つのが隣海院である。 開創については不詳である…

続きを読むread more

本光寺 (熊本県熊本市中央区) 笠塔婆

熊本市中央区坪井にあって、国道3号西に接して建つのが本光寺である。 1652年開創の日蓮宗のお寺で、境内に安置されている笠塔婆が 熊本県の文化財に指定されていることから訪れてみた。 笠塔婆の四角い塔身には1175年の銘が記され、銘入り笠塔婆として 最古類に属するといわれている。 上部の笠部は室町時代後期に補修されたと推定される…

続きを読むread more

延命寺 (愛媛県四国中央市) 四国別格二十霊場第12番

延命寺には、弘法大師空海が植えたと伝承された<いざり松>と 呼ばれた、樹齢数百年の松がシンボルであったが、1968年 枯死し、現在はその幹が残されており、枝からの若木が植えられている。 かっての写真を見ると、その姿は横に広がり傘の形をし、現在 残っていれば、名松と謳われたであろう。 弘法大師に由縁する<千枚通し霊符>も延命…

続きを読むread more

四国善光寺 (香川県坂出市)

倉敷から瀬戸大橋を渡って坂出に入った右手の聖通寺山、 その山腹に建つ四国善光寺の本尊は、善光寺如来と呼ばれる 阿弥陀如来で、まさしく信濃善光寺の名を頂いている。 聖通寺山は一帯が公園となり、そこからは瀬戸大橋や坂出の 市街地を一望できる。 <香川県のお寺一覧> (1)寺名:四国善光寺(しこくぜんこうじ) (2)住所…

続きを読むread more

善学寺 (徳島県徳島市)

眉山の東麓にあって、寺町の一角に現代的な本堂を構えるのが 善学寺である。 このお寺は和算学・暦学の小出長十郎(兼政)の菩提寺である。 小出長十郎は江戸時代後期の徳島藩士であったが、和算学の 勉強のために藩を辞し、和算四流を会得し、更に暦学にも名を 成した学者である。 <徳島県のお寺一覧> (1)寺名:善学寺(ぜんが…

続きを読むread more