舎衛寺 (岐阜県岐阜市)

岐阜市の北、城ヶ峰の山麓に位置する城田寺地区にあって、
<船田合戦終焉之地>碑が建つのが舎衛寺で、隣に白山神社
があり、周囲は柿畑である。
船田合戦とは、
 美濃守護・土岐成頼の後継者を巡る合戦で、成頼が舎衛寺に
隠棲したが大きな合戦となり、城田寺の地で合戦は終焉している。

舎衛寺は、942年天から舎衛国と書かれた旗が降ってきた奇遇から
お寺が建立されたと伝承される。

<岐阜県のお寺一覧>

(1)寺名:舎衛寺(しゃえいじ)
(2)住所:岐阜県岐阜市城田寺1821
(3)山号:城田山 (4)宗派:真言宗御室派
(5)開創:942年 (6)本尊:釈迦如来
(7)その他
1)釈迦如来坐像:県指定文化財 10世紀後半 像高129cm
2)金銅割五鈷杵:県指定文化財 鎌倉時代
3)妙観察智弥陀像(画):市指定文化財 
4)舎衛寺縁起:市指定文化財

1舎衛寺へ(21-2033)舎衛寺 (1).JPG
                 舎衛寺へ

2門前(21-2033)舎衛寺 (2).JPG
                  門前

3参道(21-2033)舎衛寺 (23).JPG
                  参道

4全景(21-2033)舎衛寺 (22).JPG
                  全景

5白山神社から(21-2033)舎衛寺 (21).JPG
                白山神社から

6船田合戦碑(21-2033)舎衛寺 (8).JPG
               船田合戦終焉碑

7本堂(21-2033)舎衛寺 (13).JPG
                  本堂

8(21-2033)舎衛寺 (6).JPG