滋賀県のお寺総覧 

滋賀県は京都・奈良に続いて古寺が多く、仏教文化財も京都・奈良に 続いて多い。 国宝・重要文化財に指定された仏像を有する寺院数は207ヶ寺にも 及び、国宝・重要文化財に指定された建造物を有する寺院数は42ヶ寺で 共に全国3番目である。 それも小さな寺院が数多くあることが京都・奈良と大いに異なる。 <主な寺院> 延暦寺…

続きを読むread more

滋賀県湖南地域のお寺

滋賀県湖南地域(草津市、栗東市、守山市、野洲市、湖南市、甲賀市) には名刹・古刹が結構多くあり、湖南三山などの国宝伽藍も貴重な 文化遺産である。 <草津市> 芦浦観音寺:城郭様式の門構え 石津寺:<重文>本堂 常善寺:草津の古刹 宝光寺:白鳳時代の古刹 無量寿寺:1302年の宝篋印塔 最明寺:鎌倉時代の五重石塔 …

続きを読むread more

少林寺 (滋賀県守山市) 一休和尚ゆかりの寺

守山市矢島町にあって、木々に覆われた境内に少林寺は建っている。 その門前に<一休禅師御遺跡>の碑が立ち、一休和尚ゆかりの寺を 示している。 少林寺は、文明年間(1469~87年)に一休和尚の法嗣である 桐嶽紹鳳が開創し、一休和尚は一時逗留したといわれ、 和尚に関係する多くの文化財が残されている。 中でも、一休禅師坐像は大徳寺…

続きを読むread more