光輪寺 (三重県四日市市)

四日市市西部の六名町(ろくみょうちょう)に建つ光輪寺は、 寛正年間(1460~66年)栃木県真岡市の本寺専修寺の僧 真慧上人が布教の折、この地に六字名号を授けたのを契機に、 念仏道場を開いたのが光輪寺の起源と伝えられている。 六名の地名は、この六字名号に由来すると思われる。 真慧上人はこの後、津市に本山専修寺を開創し、真宗高田…

続きを読むread more