長円寺 (兵庫県加西市) 戦国大名赤松政則最期の地

鎌倉時代末期~戦国時代末期の長い期間、播磨に君臨した 赤松氏にあって最盛期を築いた9代赤松政則が、鷹狩りで 宿泊していた長円寺で最期を迎えたといわれている。 赤松氏の3代赤松円心が播磨に君臨したが、8代満祐の 嘉吉の乱(1441年)で一時没落するが、政則が盛り返し 赤松氏の最盛期を築いている。 長円寺は650年開創と伝わ…

続きを読むread more