神宮寺 (滋賀県草津市)

草津市中心部の住宅地にこじんまりと建つ神宮寺は、その名の通り 1kmほど離れたところに、767年創建された立木神社の神宮寺 として開創され、明治時代初期の神仏分離によって現在地に 移転している。 神仏分離による神社とお寺の分離は数多く、その影響は日本人の 宗教観を大きく変えた。 <滋賀県湖南地域のお寺一覧> (1)…

続きを読むread more

太子寺 (三重県鈴鹿市)

聖徳太子がこの三日市の地に、太子堂と如来堂を建立されたと 伝承され、その後太子堂は太子寺、如来堂は如来寺となったと いわれている。 親鸞聖人が、関東から京都へ戻る際に、この地に立ち寄り 聖徳太子を偲ばれたともいわれ、弟子の顕智と善然(善念)が ここに留まり、念仏の布教に努め、伊勢における浄土真宗の 出発点となったといわれてい…

続きを読むread more

功徳院 (名古屋市中区)

徳川家康が1610年、名古屋城の築城を開始すると同時に、 それまで尾張の中心地であった清洲から、100余りの寺社など 多くのものを名古屋へ移転させている。これを<清洲越し> と呼んでいる。 その中で、お寺は名古屋城の南(南寺町)、東(東寺町)に 配置されている。 現在でも、その多くが残り、大須観音を中心とした南寺町には、 …

続きを読むread more

洞泉寺 (岐阜県揖斐川町小津) 西美濃三十三霊場第13番

揖斐川上流に沿って走る国道303号の東津汲(ひがしみむら)を、 県道268号へ、支流小津川に沿って山中へ小津集落に出る。 集落の山麓に洞泉寺の石段参道が延び、背の高い木々に囲まれた 境内に立つと、眼下に集落と山並みが広がる。 洞泉寺の開創は不詳であるが、天文年間(1532~55年)に 地元の領主小川氏によって再興されたと伝える…

続きを読むread more

光輪寺 (三重県四日市市)

四日市市西部の六名町(ろくみょうちょう)に建つ光輪寺は、 寛正年間(1460~66年)栃木県真岡市の本寺専修寺の僧 真慧上人が布教の折、この地に六字名号を授けたのを契機に、 念仏道場を開いたのが光輪寺の起源と伝えられている。 六名の地名は、この六字名号に由来すると思われる。 真慧上人はこの後、津市に本山専修寺を開創し、真宗高田…

続きを読むread more

宝珠院 (名古屋市中川区) 名古屋三弘法

中川区の古刹・宝珠院は、港区・辯天寺、港区・善光寺と共に <名古屋三弘法>と呼ばれる霊場であり、また、<なごや七福神> の大黒天、更に<東海三十六不動尊霊場第13番>でもある。 宝珠院は729年、白山信仰の祖・泰澄大師によって開創されたと 伝える古刹で、境内も都会にあって広い。 <名古屋市のお寺一覧> (1)寺名:宝…

続きを読むread more

長念寺 (岐阜県大野町)

大野町北西部にあって、山麓に建つのが長念寺である。 門前近くには、1677年頃に建てられた牛洞陣屋跡が あり、旗本・牛洞戸田氏の管轄領であった。 牛洞戸田氏の祖は初代大垣藩主・戸田氏鉄の六男・氏照で その子・氏胤が陣屋を築いている。 長念寺は1244年開創と伝えるが詳細は不詳である。 長念寺と牛洞戸田氏の間に何らかの関係…

続きを読むread more

日向観音寺 (福井県美浜町)

若狭湾の早瀬漁港から、県道214号を西へ日向漁港へ向かう右手の 高台に、こじんまりとした観音堂が建っている。 これが日向観音寺である。 由緒も宗派も不詳で、無住の観音堂であるが、ここには美浜町の 文化財に指定された千手観音と薬師如来像が祀られている。 当然、仏像はどこか博物館に保管されているのだろう。 この周辺は三方五湖の観…

続きを読むread more

真光寺 (富山県礪波市)

砺波市街地にあって、イチョウが目立つ真光寺は浄土真宗の お寺である。 このイチョウは砺波市指定の保存樹第1号で古木である。 砺波市のお寺は浄土真宗系のお寺が多く、その数は60ヶ寺 にも及び、真宗王国といわれる北陸の縮図を示している。 <富山県のお寺一覧> (1)寺名:真光寺(しんこうじ) (2)住所:富山県礪波…

続きを読むread more

善正寺 (三重県東員町)

東海環状線・東員ICのちかくにあって、小高い所に石垣を積んだ 上に建つのが善正寺である。 この地は暦応年間(1338~42年)に地元の豪族富永氏によって 築城された長深城の城跡といわれ、1568年織田信長の伊勢侵攻に よって落城している。 1581年富永氏の一族が城跡に、菩提を弔うために善正寺を開創 したと伝えられている。 …

続きを読むread more

大慈院 (愛知県弥富市) 尾張三十三観音霊場第14番

愛知県西部、木曽川下流のデルタ地帯に位置する弥富市は、 愛知県の市で最小人口の市である。 その中央部に建つのが<弥富観音>と呼ばれる大慈院であり、 1955年に設けられた尾張三十三観音霊場第14番札所である。 こじんまりとしたお寺ながら、境内は整備されている。 <愛知県のお寺一覧> (1)寺名:大慈院(だいじいん…

続きを読むread more

神護寺 (岐阜県池田町)

池田町北部にあって、揖斐川の支流粕川の南岸、揖斐川ふれあい街道沿いに 建つ神護寺は、<病封弘法大師>として信仰を集めている。 神護寺の開創は不詳であるが、当初は真言宗のお寺であったろう。 寛永の粕川洪水で壊滅し、記録は残っていない。 1697年地元代官・野原氏が臨済宗神護寺として再興している。 1951年廃寺となった薬師寺と合…

続きを読むread more

関東甲信越のお寺

関東甲信越の訪問はこれからといえる。 群馬県は念願の訪問を果たした。 千葉県のお寺 鎌倉市のお寺 山梨県のお寺 長野県のお寺 新潟県のお寺 <茨城県> 西念寺(笠間市):親鸞聖人ゆかりの寺 楞厳寺(笠間市):姫春蝉の発生地 楽法寺<雨引観音>(桜川市):坂東三十三観音霊場第24番 小山寺<富…

続きを読むread more

常秀院 (長野県駒ケ根市)

天竜川左岸の河岸段丘に立つ常秀院からは、天竜川と中央アルプスを 望めるが、残念ながらアルプスは雲に覆われていた。 常秀院山門前の宝篋印塔は1392年、地元の豪族菅沼氏によって 建立されたと伝わる。 菅沼氏の菅沼城はお寺から南200mの台地上にあったといわれているが、 戦国時代に武田信玄との戦いで落城したといわれる。 常秀院の…

続きを読むread more

良念寺 (福井県若狭町)

国道27号(丹後街道)の<瓜割の滝口>から名刹天徳寺への参道を入ってすぐ、 左手に楼門形式の山門を構えるのが良念寺である。 天徳寺は名水<瓜割の滝>で観光客も訪れる名刹であるが、良念寺は ひっそりとしたお寺である。 良念寺の開創は不詳であるが、室町時代の阿弥陀如来立像が本尊として 祀られている。 <福井県のお寺一覧> …

続きを読むread more

毫摂寺 (石川県加賀市)

本願寺3代覚如(1271~1351年)の高弟・乗専が、現在の 京都市北区出雲路に開創した毫摂寺が、応仁の乱(1467~ 78年)で焼失し、時の住職善幸は越前證誠寺へ身を寄せ、その 子達は、各地に毫摂寺を開創した。 その一つが加賀毫摂寺である。 開創は不詳であるが、1640年加賀大聖寺に再興されたといわれる。 <石川県のお…

続きを読むread more

乗永寺 (富山県小矢部市)

小矢部のシンボルタワー<クロスランドタワー(118m)>を 目の前にする乗永寺は、小矢部市にある真宗大谷派40数ヶ寺の 有数なお寺といわれている。 1290年現在の砺波市に開創され、室町時代には越中一向一揆、 戦国時代には石山合戦などに参加し衰退したが、1758年頃 現在地に移転している。 1759年には、南砺市善徳寺(城瑞…

続きを読むread more

千正寺 (北海道千歳市)

千歳市街地に、ベンガラ塀の目立つ千正寺が建つ。 富山県富山市の妙教寺で生まれた團正が1900年、 北海道に渡り、千歳市根志越(ねしこし)地区に 説教所を開いたのが千正寺の始まりである。 その頃の千歳は、札幌本道が開通し、宿場町として スタートした時期になる。 現在の千正寺住職は4代目で、種々の行事活動に熱心で、 檀家信者も…

続きを読むread more

長円寺 (兵庫県加西市) 戦国大名赤松政則最期の地

鎌倉時代末期~戦国時代末期の長い期間、播磨に君臨した 赤松氏にあって最盛期を築いた9代赤松政則が、鷹狩りで 宿泊していた長円寺で最期を迎えたといわれている。 赤松氏の3代赤松円心が播磨に君臨したが、8代満祐の 嘉吉の乱(1441年)で一時没落するが、政則が盛り返し 赤松氏の最盛期を築いている。 長円寺は650年開創と伝わ…

続きを読むread more

金剛寺 (京都府綾部市)

綾部市東部に位置する上林地区の睦寄町(むつよりちょう)山麓に 建つのが金剛寺である。 金剛寺は、元亨年間(1321~24年)紫王庵として開創されたと 伝え、1390年金剛寺となっている。 この間、実質上の相国寺開山で、五山文化の貢献者として名をなした 普明国師(春屋妙葩)が一時舞鶴に隠棲した折に、紫王庵に度々 宿泊したといわ…

続きを読むread more

芳心寺 (鳥取県鳥取市) 山陰身延

鳥取市街地の東に位置し、源太夫山の山麓に建つ芳心寺は、 日蓮宗総本山身延山の別院で、山陰身延といわれ、日蓮聖人の 真骨の一部を安置している。 この経緯は、芳心寺に分骨墓がある鳥取藩主池田光仲の正室 芳心院(因幡姫)が日蓮宗信者として、聖人真骨の一部を 奉納したことにある。 芳心院は、紀州藩主徳川頼宜の長女で、祖母が徳川家康の…

続きを読むread more

東福寺 (熊本県菊池市)菊池五山

小高い菊池公園の南端にひっそりと建つのが東福寺であるが、 熊本地震で多くの石塔が倒れ被害を受けている。 938年の開創と伝える古刹で、平安時代後期に菊池氏の 庇護を受け菩提寺となっている。 鎌倉時代末期に菊池氏の全盛期を迎え、菊池に菊池五山が 設けられ、その筆頭として東福寺がなっている。 その後、菊池氏の衰退と共に東福寺も衰…

続きを読むread more

常順寺 (広島県三次市)

北に比熊山、東に西城川、西に江の川に囲まれた三次市三次町は、 三次藩の城下町として栄えた地区である。 その町を南北に通る<みよし本通り>は、2007年無電柱、石畳 の通りとして整備され、三次の文化・観光の拠点となっている。 その本通りの南端西側に建つ名刹・照林坊境内に常順寺がある。 照林坊の末寺で、現代的な建築である。 …

続きを読むread more