神護寺 (岐阜県池田町)

池田町北部にあって、揖斐川の支流粕川の南岸、揖斐川ふれあい街道沿いに
建つ神護寺は、<病封弘法大師>として信仰を集めている。
神護寺の開創は不詳であるが、当初は真言宗のお寺であったろう。
寛永の粕川洪水で壊滅し、記録は残っていない。
1697年地元代官・野原氏が臨済宗神護寺として再興している。
1951年廃寺となった薬師寺と合併し、本堂を移築している。

<岐阜県のお寺一覧>


(1)寺名:神護寺(じんごじ)
(2)住所:岐阜県池田町沓井343
(3)山号:霊宝山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開創:不詳 (6)中興:1697年 野原家定
(7)本尊:釈迦牟尼

1粕川(21-1110)(00)神護寺  (2)粕川.JPG
 粕川

2揖斐川ふれあい街道(21-1110)(00)神護寺 (13).JPG
 揖斐川ふれあい街道

3前景(21-1110)(00)神護寺 (2).JPG
 神護寺全景

4病封弘法大師(21-1110)(00)神護寺 (3).JPG
 病封弘法大師

5(21-1110)(00)神護寺 (9).JPG

6本堂(21-1110)(00)神護寺 (6).JPG
 本堂

7沓井大仏(21-1110)(00)神護寺 (10).JPG
 沓井大仏