長徳寺 (京都府宮津市溝尻)

天橋立の内海・阿蘇海に面する溝尻地区は平安時代からの
村落を形成し、漁業を生業としてきた。
現在も舟屋が一部残っている。
その集落に建つ長徳寺の開創は不詳であるが、鎌倉時代の
阿弥陀如来立像を本尊とする浄土宗寺院である。

<京都丹後のお寺一覧>

(1)寺名:長徳寺(ちょうとくじ)
(2)住所:京都府宮津市溝尻508
(3)山号:金谷山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)阿弥陀如来立像:市指定文化財 鎌倉時代

1天橋立と阿蘇海.JPG              天橋立と阿蘇海(手前)

2天橋立と阿蘇海(26-86021)(00)長徳寺 (2).JPG
               天橋立と阿蘇海

3(26-86021)(00)長徳寺 (4).JPG

4長徳寺全景(26-86021)(00)長徳寺 (5).JPG
                長徳寺全景