泉谷寺 (京都府京丹波町)

戦国時代まで存在した豊田城の愛宕山山麓に建つ泉谷寺は、 16世紀後半に開創されたと伝えられている。 それ以前に廃寺となった平安時代開創の大寺・西王寺の 跡地に、仏像を引き継いで泉谷寺は開創されたといわれている。 背後の愛宕山頂にあった豊田城は、この地域の豪族・須知氏の 支城で、戦国時代に落城している。 <京都丹波のお寺一…

続きを読むread more

円光寺 (滋賀県甲賀市水口町) 杣の六地蔵

792年、伝教大師最澄が延暦寺根本中堂の建造にあたり、 杣川流域に入り木材を切り出す際に、1本の木から六体の 地蔵菩薩を彫り、周辺に祀ったと伝えられ、江戸時代に 地蔵盆時期になると、初盆を迎えた人々がその六地蔵を 巡って、亡くなった人の成仏を願うようになり、その 六地蔵を<杣の六地蔵>と呼ぶようになった。 その六地蔵の一つが…

続きを読むread more