長寿院 (三重県桑名市)

北寺町に建つ長寿院は、桑名藩主・松平定行が再興し、正室の 菩提寺としたお寺である。 1617年、松平定行の父・定勝が桑名藩主となると、定行も 桑名に入り、陽向院を再興し、正室が1618年亡くなると、 菩提寺とし、後に正室の法号から長寿院としている。 定行は1624年桑名藩主となり、1635年松山藩主として 移っている。 松…

続きを読むread more