毫摂寺 (石川県加賀市)

本願寺3代覚如(1271~1351年)の高弟・乗専が、現在の
京都市北区出雲路に開創した毫摂寺が、応仁の乱(1467~
78年)で焼失し、時の住職善幸は越前證誠寺へ身を寄せ、その
子達は、各地に毫摂寺を開創した。
その一つが加賀毫摂寺である。
開創は不詳であるが、1640年加賀大聖寺に再興されたといわれる。

<石川県のお寺一覧>


(1)寺名:毫摂寺(ごうしょうじ)
(2)住所:石川県加賀市大聖寺荒町58
(3)山号:出雲路山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:不詳 (6)中興:1640年
(7)本尊:阿弥陀如来

(17-0115)(00)毫摂寺 (7).JPG
 門前

(17-0115)(00)毫摂寺 (8).JPG
 参道

(17-0115)(00)毫摂寺 (3).JPG
 山門

(17-0115)(00)毫摂寺 (1).JPG
 本堂