乗永寺 (富山県小矢部市)

小矢部のシンボルタワー<クロスランドタワー(118m)>を
目の前にする乗永寺は、小矢部市にある真宗大谷派40数ヶ寺の
有数なお寺といわれている。
1290年現在の砺波市に開創され、室町時代には越中一向一揆、
戦国時代には石山合戦などに参加し衰退したが、1758年頃
現在地に移転している。
1759年には、南砺市善徳寺(城瑞別院)の鐘楼が移築されている。
現在の乗永寺は、種々の活動を通じて地域に根付いているとか。

<富山県のお寺一覧>

(1)寺名:乗永寺(じょうえいじ)
(2)住所:富山県小矢部市島253
(3)宗派:真宗大谷派 (4)開創:1290年
(5)本尊:阿弥陀如来
(6)その他
1)鐘楼:市指定文化財 1582年
2)五輪石塔:市指定文化財 14世紀

1クロスランドタワー(16-0402)(00)乗永寺 (5).JPG                    クロスランドタワー

2山門(16-0402)(00)乗永寺 (13).JPG                    山門

3境内(16-0402)(00)乗永寺 (12).JPG                    境内

4境内(16-0402)(00)乗永寺 (21).JPG                    境内

5鐘楼(16-0402)(00)乗永寺 (11).JPG                    鐘楼

6(16-0402)(00)乗永寺 (16).JPG

7本堂(16-0402)(00)乗永寺 (8).JPG                    本堂

8五輪石塔(16-0402)(00)乗永寺 (22).JPG                    五輪石塔