金龍寺 (兵庫県宝塚市) 武庫七大寺

聖徳太子が四天王寺を開創した後、武庫山の上に阿弥陀三尊を
感得し、武庫山周辺に七ヶ寺を開創したとの伝承がある。
その七ヶ寺を<武庫七大寺>と呼んだといわれている。
武庫七大寺、
 塩尾寺、中山寺、小林寺(廃寺)、平林寺、円国寺(廃寺)
 金龍寺、ひとつは不明
その一つ金龍寺は、1582年荒木村重の乱で焼失したが、
元禄年間(1688~1704年)に再興されている。

<兵庫県のお寺一覧>

(1)寺名:金龍寺(きんりゅうじ)
(2)住所:兵庫県宝塚市鹿塩1-4-44
(3)山号:大雲山 (4)宗派:真言三宝宗
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:飛鳥時代
(7)本尊:聖観音

(28-0507)(00)金龍寺 (1).JPG                       山門

(28-0507)(00)金龍寺 (2).JPG

(28-0507)(00)金龍寺 (6).JPG                       本堂