誓蓮寺 (滋賀県甲賀市甲南町)

甲南町の西部山間部に田畑が点在する馬杉地区にあって、
東に馬杉本城跡を望む誓蓮寺が建つ。
馬杉本城は、戦国時代の守護大名・六角氏に従っていた
甲賀武士団の馬杉丹後守の本拠であったが、織田信長に
よって六角氏が滅ぼされ、元亀年間(1570~73年)
馬杉氏も馬杉本城共々滅びている。

誓蓮寺の開創は不詳であるが、1665年再興されている。
所蔵する薬師如来坐像は藤原時代の作といわれ、お寺の
開創は古いかもしれない。

<滋賀県湖南地域のお寺一覧>

(1)寺名:誓蓮寺(せいれんじ)
(2)住所:滋賀県甲賀市甲南町上馬杉1435
(3)山号:聖徳山 (4)宗派:浄土宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1665年(7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)薬師如来坐像:重要文化財 藤原時代 像高112cm
2)阿弥陀如来坐像:市指定文化財 鎌倉時代中期 像高43cm
3)大般若波羅密多経:市指定文化財 藤原時代

1遠景(25-1512)(00)誓蓮寺 (21).JPG                         遠景

2周辺(25-1512)(00)誓蓮寺 (18).JPG                       周辺(右手に馬杉本城跡)

3参道(25-1512)(00)誓蓮寺 (6).JPG                       参道

4境内(25-1512)(00)誓蓮寺 (7).JPG                        境内

5法然上人幼少像(25-1512)(00)誓蓮寺 (11).JPG                       法然上人幼少像

6化粧地蔵(25-1512)(00)誓蓮寺 (12).JPG                       化粧地蔵

7本堂(25-1512)(00)誓蓮寺 (15).JPG                       本堂