真如寺 (静岡県掛川市) 山内一豊ゆかりの寺

日本最初の<木造復元天守>掛川城から東に、500mほどの
小高い樹々に覆われた処に建つのが真如寺である。
1590年、徳川家康が江戸に移ると、秀吉の命で山内一豊が
掛川城に入り、城の大幅な改築を行い、同時に真如寺を開創している。
1600年関ヶ原の戦いで家康に従った一豊は、土佐藩主として
移り、1602年高知にも真如寺を開創し、山内家の菩提寺と
している。

1601年、家康の異父弟・松平定勝が掛川藩主として掛川城に
入っている。
1603年定勝の嫡男・定吉が家康の面前で鷹を射落としたことから、
家康から叱責され、それを恥じた定吉は19歳の若さで自害した
といわれ、真如寺に葬られ菩提寺となっている。

<静岡県のお寺一覧>

(1)寺名:真如寺(しんにょじ)
(2)住所:静岡県掛川市仁藤町87
(3)山号:日輪山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開山:在川謙昨 (6)開基:山内一豊
(7)開創:1590年 (8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)松平遠江守定吉画像:県指定文化財 江戸時代初期

1山門(22-2213)(00)真如寺 (6).JPG                      山門

2境内から山門(22-2213)(00)真如寺 (2).JPG                     境内から山門

3境内(22-2213)(00)真如寺 (9).JPG                      境内

4本堂(22-2213)(00)真如寺 (3).JPG                      本堂