正福寺 (岐阜県土岐市)中部四十九薬師霊場第29番

国道363号細野集落を、鶴岡山に向かって分け入った山麓に、 正福寺本堂の屋根が見えてくる。 ここは中部四十九薬師霊場第29番で、本尊薬師三尊像は 1756年の造像である。 正福寺は、永禄年間(1558~70年)の開創と伝えられ、 1633年に再興されている。 ここは鶴岡山登山の入口にあたり、登山者はここをお参り してから鶴…

続きを読むread more

興国寺 (兵庫県宍粟市山崎町)

山崎町の最上山東麓に位置する、寺町のシンボルとなっている 山門は興国寺のそれである。 1640年2代山崎藩主となった松平康映が、自らの菩提寺として 開いた浄土宗長安院が興国寺の始まりで、1649年3代藩主 池田恒元が父・利隆の菩提寺として、臨済宗興国寺と改名している。 池田利隆は姫路藩主で、恒元は次男である。 1679年山崎…

続きを読むread more